最新記事

映画

報道の世界で起きた驚愕の不祥事とは──『スキャンダル』試写会60組120名ご招待

2020年1月21日(火)00時00分

© Lions Gate Entertainment Inc.

<MeTooという言葉が話題になる1年前、全米No.1の人気を誇るニュース放送局FOXニュースで、ベテラン女性キャスターがオーナーによる性暴力を告発する事件が起きた──>

トランプが大統領選でメディアの注目を集めていた2016年、全米No.1の人気を誇るFOXニュースでは、3人の女性による「戦い」が動き始めていた。

人気・実力ともトップの女性キャスター、メーガン・ケリーは、選挙戦のときからトランプの女性蔑視発言を問題視していたが、トランプは次第にメーガンに個人攻撃の罵詈雑言をツイートするようになる。一方、2年前に看板キャスターの座から降格されたベテランのグレッチェン・カールソンは、自身が冷遇された理由がようやく分かりつつあった。オーナーでCEOのロジャー・エイルズから迫られた性的関係を拒否したのだ。そして彼女の下で働いていた若く野心にあふれたケイラ・ポスピルも、エイルズに自らをアピールする機会を得るが、彼の返事は「服を持ち上げ、脚を見せろ」だった。

2016年7月6日、カールソンはエイルズをセクハラで告発した。権力をかさに性暴力を受けたほかの女性たちが後に続くと確信していたからだ。だが、怒り狂ったメディア王エイルズの前にFOXニュース社内には意味深な沈黙が流れて──。

事件後も性暴力の啓発を続けるグレッチェン・カールソンだが......

告発したカールソンは最終的にFOXと和解し、2000万ドル(約22億円)以上にのぼる和解金を受け取ったといわれるが、和解の条件として事件について一切語らないという条件が付けられたため、報道の世界の裏側で何が起きていたのか真相をカールソン自身が語ることはなくなった。

その後、カールソンの元には何千もの女性たちからセクハラについての体験が寄せられ、彼女はセクハラ撲滅のための活動を行うことを決意。「ジェンダーに基づく暴力、差別、および嫌がらせ」に苦しむ人びとを支援するグレッチェン・カールソン・リーダーシップ・イニシアティブを設立するなど、性差別、性暴力の根絶のための様ざまな活動に取り組んでいる。

【関連記事】セクハラ訴訟を起こしたキャスターが指南する撲滅法

カールソン自身は、FOXニュースでのセクハラについてその後語ることはなかったが、この事件を葬ってはいけないと考えた映画脚本家がいた。実話を元にリーマンショックの裏側を描いてヒットした『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞を受賞したチャールズ・ランドルフだ。

彼が関係者に綿密な取材と調査を行って出来上がった脚本は、近年はプロデューサーとしても活躍するオスカー女優シャーリーズ・セロンの元に届けられ、「とてもパワフルで見事な脚本」と惚れ込んだ彼女は、存命中の著名人を演じるという難題を自らに課すことを決意。トランプ政権とメディアの関係、報道の世界の裏側で起きるパワハラやセクハラなど、今まさに問題になっているトピックが見事に映画化されることとなった。ちなみに、映画化された『スキャンダル』についても、カールソン自身はコメントはしていないという。

今回、アカデミー賞の主演女優賞(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞(マーゴット・ロビー)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞(カズ・ヒロ(辻一弘))にノミネートされた話題の映画『スキャンダル』のニューズウィーク日本版特別試写会を2月12日に開催、読者の方60組120名様をご招待します。


『スキャンダル』予告編


[監督]ジェイ・ローチ(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)
[脚本]チャールズ・ランドルフ(『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)
[出演]シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー、アリソン・ジャネイ、コニー・ブリットンほか
[配給]ギャガ
[公開]2月21日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


ニューズウィーク日本版2020試写会『スキャンダル』

日時:2月12日(水)18:00開場/18:30開映
会場:よみうりホール 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階

締切:2020年2月3日(月)12:00(正午)
発表:抽選で当選者を決定。発表は当選者への招待状の 発送をもって代えさせていただきます。
※住所等の個人情報は、招待状を発送する目的に限り利用します。
※会場までの交通費は、当選者のご負担となります。
※ご応募に当たっては会員登録が必要です。
お問い合せ/CCCメディアハウス マーケティング部 TEL.03-5436-5730


submit.png


関連ワード

ニュース速報

ワールド

マレーシアGDP、第1四半期は減少幅が縮小 外需な

ワールド

中国、世界で初めて合成大麻を全面的に規制へ 

ビジネス

SUBARU、今期営業益95%増を予想 半導体影響

ビジネス

シャープ、今期営業利益予想1010億円 市場予想上

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇宙ゴミに責任ある基準を満たさず」と批判

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    日経平均高値は「面白くなる日本」の先取り 投資で…

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    台湾のTSMCはなぜ成功したのか?

  • 8

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 9

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月