最新記事

映画

ヒトラーは少年の空想上の友達──異色コメディー『ジョジョ・ラビット』

Disney’s Controversial Hitler Movie

2020年1月17日(金)18時30分
サム・アダムズ

ジョジョが頭の中でつくり出した架空の友達は、ヒトラーその人だった ©2019 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION & TSG ENTERTAINMENT FINANCE LLC

<大戦末期のドイツを舞台に10歳の憶病な愛国少年とユダヤ人少女の出会いを描く>

昨年9月にトロント国際映画祭で上映されたタイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』には、1930年代のナチスのニュルンベルク党大会の映像が登場する。

実はナチスの映像を使った上映作品はほかにもあった。オーストリアの良心的兵役拒否者を描いたテレンス・マリック監督の『名もなき生涯』は、悪名高いナチスの宣伝映画『意志の勝利』から複数のシーンを引用している。

だが、アドルフ・ヒトラーの台頭を象徴する場面にビートルズの「抱きしめたい」を(ドイツ語に翻訳した歌詞付きで)かぶせた映画は、唯一無二だろう。総統を一目見ようと通りに並んだ群衆の列は、この歌の持つ力──言うなれば、何かとつながりたいという熱に浮かされたような強烈な感情を嫌でも感じさせる。

ただし、スクリーンに映し出されるのは、人々を熱狂させるポップミュージックの力で1つにつながるのではなく、偽りのイデオロギーにのみ込まれていく国の姿だ。国中を席巻する「ヒトラーマニア」という名の新しいブームに。

宣伝資料によれば、『ジョジョ・ラビット』は「反ヘイトの風刺映画」だ。主人公は、アーリア人至上主義者の愛らしい10歳の少年ジョジョ・ベツラー(ローマン・グリフィン・デイビス)。舞台は第二次大戦末期、彼は落日の祖国のために戦おうとしている。

脱走兵の父親は不在で、町に残る男たちはろくでなしか徴兵検査の不合格者ばかり。大人の男のロールモデルがいないジョジョは、代わりに架空の友達を頭の中でつくり出す。この空想上の友人こそ、ヒトラーその人だ。

ただし、この「ジョジョのヒトラー」は本物とかなり違う。まず、世界に冠たるゲルマン民族の勝利より、臆病な少年が自分を克服するのを手助けすることに関心がある。

しかも、その役を演じる俳優は監督と脚本も手掛けたタイカ・ワイティティ自身。ニュージーランド生まれの彼は、母親がユダヤ人で、父親はマオリ人だ。

ワイティティ演じるヒトラーは、少年に貴重な人生訓を授ける一方で、時に反ユダヤ主義むき出しの差別語を吐く。この極めて微妙なバランスの上に成り立つキャラクターをなぜ映画に取り入れたのか、尋ねてみたい衝動に駆られる(原作の小説には、このような人物は登場しない)。

笑いは問題分析の手段

この映画のコンセプトだけでも、かなりの批判を浴びそうだ。しかし、ワイティティは作品のプレミア上映後、1933年と現在を対比させる真面目な意図があったと語っている。当時の世界は「無知と傲慢」ゆえに、迫り来る脅威に対処できなかった。

ニュース速報

ビジネス

イタリア格付け見通し、安定的に引き上げ 格付けは維

ビジネス

米債市場、急激な流動性逼迫の再発リスク残る=NY連

ビジネス

仏、英との通商交渉で軟化か 漁業権で妥協の可能性=

ビジネス

米国内のウィーチャット利用継続へ、連邦地裁が禁止差

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国になる?

  • 2

    変質してしまった韓国の公休日『ハングルの日』、増加する「排斥」の雰囲気

  • 3

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検出された

  • 4

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 5

    北朝鮮の新型ICBMは巨大な張りぼてなのか?

  • 6

    オーストラリアで太陽光発電し、シンガポールに送電…

  • 7

    6割が不詳・死亡などの「不安定進路」という人文系博…

  • 8

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 9

    「千人計画」の真相――習近平の軍民融合戦略で変容

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 6

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 9

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月