最新記事

音楽

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019年12月3日(火)12時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

プロデュース101シリーズの疑惑が重なる

大ブームの兆しを見せ始めた矢先での、今回のスクープに韓国歌謡界では波紋が広がっている。特に今回の疑惑問題を見ていると、アイドルオーディション番組『プロデュース101』シリーズでの得点操作疑惑を連想してしまう。ちなみにこのシリーズで問題を起こしたケーブルテレビ局Mnetは、2014年にトロットのサバイバルオーディション番組『トロットX』を放送していたが、こちらはヒットせずに終わってしまった。『明日はミス・トロット』優勝者ソン・ガイン氏は、この番組にも参加したが、予選落ちしていたという。

問題となっている出演料25%徴収問題について朝鮮放送側は「疑惑については現在確認中である」としているが、契約については「放送開始前、出演者達に説明をし、同意を得ている」と発表した。そうすると、もしもTOP4に残った出演者達がこの契約に同意をしていなかったとすれば、ひょっとすると、入賞すらしてなかった可能性はないだろうか、というさらなる疑惑に繋がっていく。

ネット上では、この問題が発覚後から「人気番組となったのだから、すでに莫大な広告収入を得ているはずなのに、さらに入賞者からも徴収するなんて!」「番組のおかげで有名になれたとはいえ、25%はやりすぎなのではないか?」という批判の声が高まっている。韓国芸能界がヤラセ問題に敏感になっている今、この疑惑は番組だけでなく、入賞者の今後の活動にも影響が出る可能性がある。

マーケティング費用と考えれば安いもの?

オーディション番組は、毎週TVに出演できるうえ、視聴者の共感も得やすい。ファン獲得の手段としてはうってつけだろう。実際オーディション番組を通して優勝したソン・ガインは、それまで歌手としての仕事が少ないために、アクセサリー作りの内職をしていたほどだが、番組優勝後は出演料が20倍委譲にも跳ね上がり、中高年はもとより若い人たちにまで知らない人はいない国民的歌手となった。

新人歌手一人売り込むための宣伝費用は想像を超える莫大なものだという。オーディション番組をマーケティングだと考えるならば、収入の25%ぐらい喜んで払いたいという事務所もあるかもしれない。TV局側も自分たちのおかげで高収入を得ることができるようになったのだから、見返りが欲しいと考えてしまったのだろうか。しかし、こういったことがエスカレートしていくと、またオーディション番組=ヤラセという疑惑のイメージが定着して、せっかく今盛り上がっているトロット人気に影を落としかねない。

ニュース速報

ワールド

英国、離脱後の貿易関係でEU規則に従わず=首相側近

ビジネス

米アマゾン創業者ベゾス氏、100億ドルの環境対策基

ビジネス

仏アルストム、加ボンバルディア鉄道事業買収で合意 

ワールド

シリア大統領、拠点制圧は反体制派敗北の「前触れ」

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 3

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 8

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 9

    新型コロナウイルス、初の死者で「信認低下」懸念 …

  • 10

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 9

    韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

  • 10

    映画では描かれなかったダース・ベイダーの心の傷

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月