最新記事

音楽

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019年12月3日(火)12時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

地上波を含めた視聴率1位

その後、トロット人気は落ち着いてきていたところで登場したのが『明日はミス・トロット』だった。当初は、食傷気味となった音楽オーディション番組と、ブームが去ったトロットとの組み合わせということで、さほど期待されていなかった番組だったが、第1回放送の5.889%から回を追う毎に視聴率が上がり続け、決勝戦の回は18.114%と、同時間帯では地上波を含めた視聴率1位となる大ヒットとなった。優勝したソン・ガインは、伝統音楽の国学を学んだのち、トロット歌手としてデビューした39歳。彼女を含めた上位入賞メンバーはトロット界の新星として脚光を浴びている。

音楽業界やメディアは、この番組で大衆の人気を集めたトロット人気を定着させようと、さまざまな企画でトロット歌手たちを取り上げている。番組での歌が音楽配信サイトで配信されているほか、ソン・ガインを含めた上位入賞者たちによるコンサートツアーは韓国各地はもとより、全米ツアーも開催された。また国民的司会者と呼ばれるユ・ジェソクが、ユ・シンスル名義でトロット曲をリリースして話題になるなど、様々な人気獲得の努力が見える。

さらに、2020年にはトロット男性歌手を発掘する『ミスター・トロット』の放送開始が決定している。こちらでは審査員にアイドルグループJYJのメンバー、キム・ジュンスが参加すると発表された。アイドルに目が行きがちな若い層からの支持も、ここで一気に得ようという作戦だ。

ブームの影で浮上した疑惑

そんなブームの火付け役となった『明日はミス・トロット』だが、ここにきてある疑惑が注目を集めている。優勝者であるソン・ガインの放送終了後からのイベントやTVなどへの出演料などの収入のうち、なんと25%ものお金がこの番組の放送局である朝鮮放送の懐に流れているというのだ。

詳しい内訳については、収入の50%がソン・ガイン本人に渡され、残りの25%ずつが芸能事務所とTV朝鮮に入る仕組みだ。韓国メディアTHE FACTの報道によると、ソン・ガイン以外にも、2位から4位までの入賞者であるチョン・ミエ氏、ホンジャ氏、チョン・ダギョン氏にも同じようにTV局による25%の収入徴収が行われていた。さらに、この徴収の契約は2020年末まで続くという。

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、NY州の「封鎖」を一時検討 その

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発を発射、短距離弾道ミサイルか

ビジネス

アングル:原油処分売りでスポット価格低迷、アジア通

ワールド

焦点:新型コロナが物流寸断、世界の陸海空でモノが大

MAGAZINE

特集:0歳からの教育 みんなで子育て

2020-3・31号(3/24発売)

赤ちゃんの心と体を育てる「全員参加育児」── 健やかな成長のため祖父母がすべきこと・すべきでないこと

人気ランキング

  • 1

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 2

    「中国ウイルス」作戦を思いついたトランプ大統領は天才?!

  • 3

    「感染で死ぬか、飢えて死ぬか」北朝鮮、新型コロナ封鎖の地獄絵図

  • 4

    デーブ・スペクター「日本がオリンピックを美化する…

  • 5

    新型コロナウイルスがあぶり出す日本の危機 自粛ム…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    世界恐慌は絶対に来ない

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    キューバが「奇跡の新薬」と医師ら400人を世界に派遣…

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ルーム」事件の闇

  • 4

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 5

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 6

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 7

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 8

    10~20代はネットで調べるとき「ググらない」 その理…

  • 9

    ジャパンタイムズ、慰安婦の英語表記を再変更 社長と…

  • 10

    中国の巨大タンカー84隻が一斉にペルシャ湾めざす

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月