最新記事

音楽

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019年12月3日(火)12時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

地上波を含めた視聴率1位

その後、トロット人気は落ち着いてきていたところで登場したのが『明日はミス・トロット』だった。当初は、食傷気味となった音楽オーディション番組と、ブームが去ったトロットとの組み合わせということで、さほど期待されていなかった番組だったが、第1回放送の5.889%から回を追う毎に視聴率が上がり続け、決勝戦の回は18.114%と、同時間帯では地上波を含めた視聴率1位となる大ヒットとなった。優勝したソン・ガインは、伝統音楽の国学を学んだのち、トロット歌手としてデビューした39歳。彼女を含めた上位入賞メンバーはトロット界の新星として脚光を浴びている。

音楽業界やメディアは、この番組で大衆の人気を集めたトロット人気を定着させようと、さまざまな企画でトロット歌手たちを取り上げている。番組での歌が音楽配信サイトで配信されているほか、ソン・ガインを含めた上位入賞者たちによるコンサートツアーは韓国各地はもとより、全米ツアーも開催された。また国民的司会者と呼ばれるユ・ジェソクが、ユ・シンスル名義でトロット曲をリリースして話題になるなど、様々な人気獲得の努力が見える。

さらに、2020年にはトロット男性歌手を発掘する『ミスター・トロット』の放送開始が決定している。こちらでは審査員にアイドルグループJYJのメンバー、キム・ジュンスが参加すると発表された。アイドルに目が行きがちな若い層からの支持も、ここで一気に得ようという作戦だ。

ブームの影で浮上した疑惑

そんなブームの火付け役となった『明日はミス・トロット』だが、ここにきてある疑惑が注目を集めている。優勝者であるソン・ガインの放送終了後からのイベントやTVなどへの出演料などの収入のうち、なんと25%ものお金がこの番組の放送局である朝鮮放送の懐に流れているというのだ。

詳しい内訳については、収入の50%がソン・ガイン本人に渡され、残りの25%ずつが芸能事務所とTV朝鮮に入る仕組みだ。韓国メディアTHE FACTの報道によると、ソン・ガイン以外にも、2位から4位までの入賞者であるチョン・ミエ氏、ホンジャ氏、チョン・ダギョン氏にも同じようにTV局による25%の収入徴収が行われていた。さらに、この徴収の契約は2020年末まで続くという。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

ビジネス

英HSBC、株式部門で100人前後を削減へ=関係筋

ビジネス

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 7

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 8

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 4

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月