最新記事

音楽

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019年12月3日(火)12時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国でトロット復活のきっかけとなった番組『明日はミス・トロット』の優勝者ソン・ガイン 연합뉴스TV/ YouTube

<アイドルのオーディション番組でファン投票数の操作が問題となった韓国。今度は演歌の人気番組で疑惑が──>

今年5月の放送開始前から「2019年K-POP界最大の大型新人が誕生する」と前評判が高かったケーブルテレビ局Mnetのオーディション番組『プロデュースX101』。だが、番組終了直後から視聴者投票の獲得点数が操作されているという疑惑がもち上がり、最終的には警察がプロデューサー2人を逮捕。過去のシリーズ作品も含めて点数操作が自白される事態となり、大きな社会問題になった。

そんな韓国で、今年もうひとつ大きな話題となった音楽オーディション番組があった。保守系新聞「朝鮮日報」系列のケーブルテレビ局朝鮮放送が今年3〜5月に放送した『明日はミス・トロット』だ。この番組は、素人からお笑いタレント、無名の若手歌手まで、さまざまな経歴のメンバーが出場、トロットの歌唱力で優勝を目指すというものだ。

トロット(트로트)とは

さて、この「トロット(트로트)」、聞きなれない方も多いはずだ。トロットとは、1940年代後半から始まったとされる韓国歌謡のジャンルの一つで、日本では「韓国演歌」とも呼ばれている。ただ、日本で演歌というとスローテンポな曲を想像しがちだが、トロットは日本の演歌に比べると、アップテンポでリズミカルな曲も多い。

過去には日本でも韓国の演歌歌手が活躍した時代があった。紅白歌合戦に3回出場したキム・ヨンジャや、日本でも多くのヒット曲を発表した桂銀淑などが代表的だろう。しかし、その後演歌衰退とともに段々と姿を消していった。

一方、韓国でのトロット人気はというと、やはり90年代にアイドルブームの到来とともに音楽界で脇役の存在となっていった。ところが、2000年代に入ると若者受けするアップテンポな曲や若手歌手が数多く登場、トロットは再ブレイクした。特に2004年チャン・ユンジョンの曲『オモナ』は老若男女からの支持を受け大ヒット。LGの携帯電話のCMに起用されるほどだった。その後も2009年アイドルグループからソロのトロット歌手に転向したホン・ジニョンの『愛のバッテリー』がヒットするなど、「ネオ・トロット時代の到来」と呼ばれた。

ニュース速報

ビジネス

中国の元証券当局トップ、譲渡性預金証書の発行拡大に

ワールド

英国、香港メディア王逮捕に重大な懸念表明

ワールド

トランプ氏のコロナ対策は「州に過大な負担」 協議再

ビジネス

日経平均は反発、一時400円高 米国株高など追い風

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    インド南部でLCC旅客機が着陸失敗、17人死亡 約170…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月