最新記事

音楽

韓国オーディション番組にまたも疑惑 アイドルの次は韓国演歌

2019年12月3日(火)12時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国でトロット復活のきっかけとなった番組『明日はミス・トロット』の優勝者ソン・ガイン 연합뉴스TV/ YouTube

<アイドルのオーディション番組でファン投票数の操作が問題となった韓国。今度は演歌の人気番組で疑惑が──>

今年5月の放送開始前から「2019年K-POP界最大の大型新人が誕生する」と前評判が高かったケーブルテレビ局Mnetのオーディション番組『プロデュースX101』。だが、番組終了直後から視聴者投票の獲得点数が操作されているという疑惑がもち上がり、最終的には警察がプロデューサー2人を逮捕。過去のシリーズ作品も含めて点数操作が自白される事態となり、大きな社会問題になった。

そんな韓国で、今年もうひとつ大きな話題となった音楽オーディション番組があった。保守系新聞「朝鮮日報」系列のケーブルテレビ局朝鮮放送が今年3〜5月に放送した『明日はミス・トロット』だ。この番組は、素人からお笑いタレント、無名の若手歌手まで、さまざまな経歴のメンバーが出場、トロットの歌唱力で優勝を目指すというものだ。

トロット(트로트)とは

さて、この「トロット(트로트)」、聞きなれない方も多いはずだ。トロットとは、1940年代後半から始まったとされる韓国歌謡のジャンルの一つで、日本では「韓国演歌」とも呼ばれている。ただ、日本で演歌というとスローテンポな曲を想像しがちだが、トロットは日本の演歌に比べると、アップテンポでリズミカルな曲も多い。

過去には日本でも韓国の演歌歌手が活躍した時代があった。紅白歌合戦に3回出場したキム・ヨンジャや、日本でも多くのヒット曲を発表した桂銀淑などが代表的だろう。しかし、その後演歌衰退とともに段々と姿を消していった。

一方、韓国でのトロット人気はというと、やはり90年代にアイドルブームの到来とともに音楽界で脇役の存在となっていった。ところが、2000年代に入ると若者受けするアップテンポな曲や若手歌手が数多く登場、トロットは再ブレイクした。特に2004年チャン・ユンジョンの曲『オモナ』は老若男女からの支持を受け大ヒット。LGの携帯電話のCMに起用されるほどだった。その後も2009年アイドルグループからソロのトロット歌手に転向したホン・ジニョンの『愛のバッテリー』がヒットするなど、「ネオ・トロット時代の到来」と呼ばれた。

ニュース速報

ワールド

アビガン、安全性確認されれば薬事承認=月内の承認見

ワールド

豪ニューサウスウェールズ州、学校再開後も保護者に在

ビジネス

日経平均は続伸、2万1000円台回復 空運・陸運な

ビジネス

中国人民銀、期間7日のリバースレポで100億元供給

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月