最新記事

映画

日韓関係悪化でも日本の映画人が多数参加した釜山国際映画祭 新たな試み次々と

2019年10月18日(金)19時20分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

過去最悪の日韓関係といわれるなかでも、是枝裕和監督はじめ多くの日本の映画人が今年も釜山を訪れた。오마이뉴스 사진부 / YouTube

<日韓関係の悪化が喧伝されるなか、アジアを代表する国際映画祭が今年も韓国・釜山市で開催された>

今月3日から韓国釜山で開催されていた「第24回釜山国際映画祭」が、12日無事終了した。今年は映画祭イベントの場所の変更や、メイン会場周囲の歩行者天国化など新しい試みを取り入れるなど、新しい映画祭となっただけでなく、韓国映画100周年という記念年でもあった。映画祭はどのような成果を収めたのだろうか?

今年の総観客動員数は18万9116名と、残念ながら去年の19万5081名から6000名弱減少してしまった。要因としては、スターの招待が少なく、特に韓国の大物俳優の不在が目立ち観客の関心を引き付けられなかったことが大きいと言われている。また、釜山国際映画祭は世界未公開、韓国未公開映画にこだわる節があり、その結果、大衆ウケする商業映画よりもまだ未公開の中規模映画を上映作品に多く取り入れてしまったため、映画マニア以外の観客を逃してしまった。映画の編成は何よりもバランスが大事だと再確認できる結果となった。

このように一部不満の声も上がったものの、まだまだ折り返し地点だ。ここ数年なぜか映画祭の日程に合わせて韓国を直撃していた台風も心配されたが、開催日前日には無事過ぎ去り、新しく生まれ変わった釜山国際映画祭をアピールするのにはある程度成果があったように思える。先ほど、「未公開作品にこだわった」と紹介したが、今年は世界初公開が120作品(長編97本、短編23本)、韓国初公開作品30本(長編29本、短編1本)が上映されている。これほどの未公開作品を、世界もしくは国内で一番初めに上映できるのはやはり映画祭の力だろう。

映画祭と共に行われる映画の見本市「アジアフィルムマーケット」は、今年から映画だけでなくドラマなど多様なコンテンツも取引が行われるようになり、参加人数は去年から22%アップの2188名が参加。出展ブースは17%アップの200社が参加している。放送権では200万ドル規模の取引が成立し話題となり、ヨーロッパ圏への版権販売は歴代最大規模を記録した。韓国ドラマはまだまだ世界で人気なようだ。

ニュース速報

ビジネス

イオン、21年2月期減益予想据え置き 回復基調も先

ビジネス

中国乗用車販売、6月は前年比6.5%減=業界団体

ビジネス

伊藤忠がファミマにTOB、総額5800億円で非上場

ワールド

中国、チベット問題巡り米国に対抗措置 ビザ発給を制

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月