最新記事

映画

タランティーノ9作目『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のオタク的なこだわり

The Culmination of Tarantino’s Obsessions

2019年8月30日(金)19時15分
デーナ・スティーブンズ

ディカプリオ(左)とピット(右)の豪華な共演も話題に

<おぞましい60年代末の時代の空気を、底抜けに明るい映像に詰め込んだが......>

映画を10本撮ったら監督業は引退だというクエンティン・タランティーノの「公約」が本当なら、9作目となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』には一生分のこだわりが詰め込まれているはず。そもそもタイトルからして、セルジオ・レオーネ監督の名作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』への熱いオマージュだ。

舞台は1969年のハリウッド。落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、彼の専属スタントマンで付き人のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)と一緒に飲んだくれの日々を過ごしているのだが、隣の家には妊娠中の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)が住んでいて、その夏のうちに惨殺されることになる。

ここまで聞けば、アメリカ人なら思い出す。この映画がカバーしている半年間の最後に、あのむごたらしい事件が現実の世界で起きたことを。

当然、嫌な予感がする。それでも映画のトーンは底抜けに明るい。時代は暴力と、どこへ向かうとも知れない不安に満ちていたはずなのに、主役の2人はのんきなもの。それは悲しいほどの虚無感であり、あの犯行に及んだカルト集団マンソン・ファミリーがまさに告発し、破壊しようとしたものだ。

おぞましい時代の空気と明るい映像のコントラストが、この作品の推進力なのは分かる。それでも筆者にはタランティーノの意図が分からない。なぜ現実に起きた話を、なぜリアリティーに欠ける設定で描かなければならなかったのか。

未来は明るいと信じて疑わないシャロンと、もう下り坂であることを知っているリックとクリフ。その対比は明らかだが、タランティーノはそんなことには無関心で、両方のシーンを機械的に切り替えるのみ。

シャロン役のロビーにも一度は見せ場がある(自分の出演作を上映中の映画館を訪れる場面)。しかし大半は添え物のような役割で、人間らしく描かれるのはもっぱら主役の男2人だ。

女性の生脚は「小道具」

もしかすると、これは「男についての男のための映画」なのだろうか。タランティーノのフェティシズムは映画の随所で女性の細い生脚を映し出す。灼熱の道を急ぐ脚。映画館の客席の背もたれに乗せられた脚。女はほとんど「小道具」扱いだ。ちなみにマンソンとその仲間たちも、ほとんど出番がない。

それが欠陥だとは言うまい。気の利いたジョークがたくさんちりばめられているし、あの時代にふさわしい音楽も使われている。映像の切り取り方も、さすがタランティーノだ。

ニュース速報

ワールド

再生可能エネルギーの主力電源化推進へ、規制改革に全

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

ビジネス

LVMHのティファニー買収、必要な認可全て取得 訴

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月