最新記事

女性問題

美容大国の韓国でミスコン大炎上 審査廃止でも水着映像上映、伝統衣装をミニスカに

2019年7月29日(月)20時21分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

伝統衣装をコルセットやミニスカにして炎上


「伝統衣装ではなく下着?」「伝統への冒涜」と議論になったミス・コリア MBC NEWS / YouTube

このようにさまざまな議論を巻き起こした今年の韓国の"ミスコン"だが、一番大きく取り上げられ波紋を呼んだのが「韓服コルセット衣装」問題だ。コンテストの合間に昨年の受賞者が登場するコーナーが設けられ、そこで着ていた韓国の伝統民族衣装である韓服(ハンボク)が非難を浴びている。

日本でも韓国の韓服はチマチョゴリと呼ばれ有名である。そのイメージは、ふんわりとしたロングのスカートで上着は小さく袖も曲線を描くように女性らしさを表して作られた衣装である。ところが、ミス・コリア受賞者が着ていた韓服は、コルセットのような型であったり、スカートがミニスカートになっていて過度にセクシーなものだった。水着審査はなくしたものの、女性が性的なイメージを強調するような衣装を身に着けて登場すること自体、「性の商品化」という根本的な部分は何ら変わっていないのではないかという声が上がっている。

この韓服のデザイナーは、インタビューに対して「ショーの衣装として見てほしい」と語り、伝統を壊したり、女性をエロティックに見せたりする意図などはなかったとしている。しかし、この数点のデザインのうち、特にコルセットは窮屈で動きにくく着用に時間がかかる。ファッションにおいて女性の自立や女性の社会進出と共に廃れていったコルセットは、ある意味男性優位社会のアイコン的なものともいえる。そう考えると、今回ショーで使われた韓服はデザイナーの発言とは逆を行っているようにも見える。

もちろん、"ミスコン"に関する議論は韓国だけのものではなく、日本でもミスコンテストの衣装が物議を醸した事例がある。2009年のミスユニバース世界大会の日本代表の衣装が、ピンクの下着が丸出しの超ミニ着物だったのだ。さらにガーターベルトまで付いており、世界から「まるで娼婦みたい」と非難が上がった。それを受け、本選大会の舞台ではスカートが多少長くなって下着は見えない長さでの登場となった。

炎上の背景にはMeToo運動が?

韓国では、数年前にハリウッドから拡がった#MeToo運動も盛んで、女性が性差別に対して声を上げる事例が増えた。大きく動き出すきっかけとなったのは、2016年ソウルの江南駅女性殺害事件だった。犯人の男は「女性に見下されてる気がする」と、相手が女性だったというだけで被害者を刃物で刺して殺害した。犯行理由が明らかになると「これは女性嫌悪"ミソジニー"であり、女性蔑視が引き起こした殺人だ」と、韓国内外のニュースで大きく取り上げられた。

また、2018年日本でも翻訳され話題となったチョ・ナムジュの小説『82年生まれ、キムジヨン』がヒットするなど、今まで皆がなんともない、当たり前と思っていたことが、実は女性というだけで受けている不平等な事柄だったことを、韓国の女性たちは今改めて感じて、声を上げ始めている。今回のミス・コリアをめぐる一連の炎上騒動も、こうした女性を取り巻く理不尽な社会への異議申し立ての表れといえるだろう。



20190730issue_cover200.jpg
※7月30日号(7月23日発売)は、「ファクトチェック文在寅」特集。日本が大嫌い? 学生運動上がりの頭でっかち? 日本に強硬な韓国世論が頼り? 日本と対峙して韓国経済を窮地に追い込むリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路に迫ります。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月