最新記事

女性問題

美容大国の韓国でミスコン大炎上 審査廃止でも水着映像上映、伝統衣装をミニスカに

2019年7月29日(月)20時21分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

2018年東京で開催された第58回ミス・インターナショナル世界大会に水着と韓服で審査に臨む韓国代表のソ・イェジン。ミス・インターナショナル世界大会にはミス・コリアの準ミスが出場することになっている。 REUTERS/Kim Kyung-Hoon

<女性に対する性差別への反発が広まるなか、常に論争を呼ぶのがミス・コンテスト、とりわけ水着審査などの衣装をめぐる問題だ。美容についてのこだわりが強い韓国で行われたミス・コンテストもこの問題で炎上した>

7月11日、韓国で今年も「ミス・コリア選抜大会」が行われた。ミス・コリアは、1957年から開始された韓国日報社が主催する美人選抜大会だ。毎年全国14か所から代表者と海外枠からの代表者が選出され、最終的に本選大会で今年の韓国の美を代表する1人が選ばれる。海外枠があるのは、韓国以外に住む韓国系外国人もエントリーされるからだ。日本でも在日韓国人のためにミス・コリア日本代表の大会も毎年行われていて、移民の多い韓国ならではといえる。

日本でもミス日本など美を競う大会いわゆる"ミスコン"は行われているが、韓国のミス・コリアほど大きく報道されたり、国民の注目を浴びたりはしていない。韓国では美容や整形など容姿に高い関心をもち、特に女性は美が重要視される傾向が強い。また、子供のころから学校の成績や受験戦争で他者と激しい競争を強いられる。美を競う"ミスコン"となると、その両方が合わさり毎年注目を集めるのだろう。

多くの有名女優を輩出してきたミス・コリア

80〜90年代をピークに、その人気度は年々下がってきているとの声もあるが、それでもミス・コリアのほか、ミスワールドコリア、ミスグランドコリア、スーパーレディコリアといったコンテストが毎年開催されている。そしてそれら数多くある"ミスコン"の頂点ともいうべき「ミス・コリア」のタイトルの力はまだ衰えていない。

事実、ミス・コリア出身でその後、タレントや女優、アナウンサーになった人も多い。映画『タチャ イカサマ師』や、ドラマ『パスタ』『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン』などに出演していたイ・ハニは、2006年度ミス・コリア出身の女優である。社会現象にもなった『SKYキャッスル』にハン・ソジン役で出演していた女優ヨム・ジョンアは、1991年度の準ミス出身である。日本でも有名な映画『箪笥』などにも出演していた。また、日本の同名ドラマ『女王の教室』のリメイクにて、天海祐希演じた主人公の阿久津真矢役に当たるマ・ヨジン役を演じたコ・ヒョンジョンも1989年度の準ミスに入賞し芸能界入りした1人である。ドラマ『砂時計』でスターダムにのし上がるも結婚を機に芸能界引退。しかし、2003年離婚を機に芸能界復帰し、ドラマ『リターン─真相─』や、映画『女優たち』では本人役で出演するなど活躍している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア

ビジネス

NY外為市場=ドル指数横ばい、週足では年初来初の下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 10

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中