最新記事

サッカー

同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

2019年7月8日(月)12時00分
クリスティーナ・コーテルッチ

BENOIT TESSIER-REUTERS

<「LGBTプライド月間中のW杯で輝けたことは素晴らしい」「くそったれホワイトハウスには行かない」ラピノーは分野を超えた新世代のヒーローだ>

サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会でアメリカ代表の快進撃に貢献したのが、FWのミーガン・ラピノー。6月28日のフランス戦で2得点を挙げて準決勝進出を決めた後、「LGBT(性的少数者)プライド月間にこの成果を上げられたことは感無量?」と問われたラピノーはこう答えた。「ゲイ、万歳!」

続けて彼女は言った。「同性愛者なしのチームで優勝なんてできない。これまでだってずっとそう。これこそ科学。私にとって、同性愛者であることと、プライド月間中のW杯で輝けたことは素晴らしい」

ラピノーだけでなく、同性愛を公言する有名人は増えている。多くの業界で、カミングアウトでキャリアが閉ざされることは減り、むしろ知名度アップに貢献する例すら出てきた。

サッカー界はその進化の途上といったところ。関係団体やファンは、次第に同性愛者の選手への偏見をなくし、ようやく受け入れつつある段階だ。歴代最多得点記録保持者のアビー・ワンバックですら、引退の数年前まで同性愛を公言しなかった。

対照的にラピノーは、積極的に自らの同性愛をアピールしてきた。SNSにはパートナーとの写真を頻繁に投稿し、昨年には恋人である女子プロバスケット選手スー・バードと共にヌードでスポーツ誌面を飾った。

LGBTの先頭に立つだけではない。NFLの膝つき抗議行動への対応などから米トランプ政権を批判してきたラピノーは、今年1月のインタビューで、W杯で優勝しても「くそったれホワイトハウスには行かない」と断言。最近になってこの動画が公開されたことで注目を集めた。案の定、トランプ大統領は「まず優勝してから言え」「勝っても負けても招待してやる」とツイッターでかみついている。

サッカーのプレーでファンを魅了し、LGBTの旗手となり、トランプにも屈しない──ラピノーは、分野を超えた新世代のアメリカンヒーローだ。

©2019 The Slate Group

<2019年7月16日号掲載>

20190716issue_cover200.jpg
※7月16日号(7月9日発売)は、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたい――そんなあなたに贈る「とっておきの世界旅50選」特集。知られざるイタリアの名所から、エコで豪華なホテル、冒険の秘境旅、沈船ダイビング、NY書店めぐり、ゾウを愛でるツアー、おいしい市場マップまで。「外国人の東京パーフェクトガイド」も収録。

ニュース速報

ワールド

EU、対ベラルーシ制裁を14日に協議=スウェーデン

ビジネス

米コロナ追加対策巡る協議、合意成立しない可能性も=

ビジネス

英GDP速報値、第2四半期は20.4%減 過去最大

ワールド

米国との通商交渉、多くの分野で進展=英貿易省

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月