最新記事

BOOKS

JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

2018年12月12日(水)11時35分
印南敦史(作家、書評家)

Newsweek Japan

<地道な取材力で引き出された、「エンコーする」女子高生たちの本音。彼女たちは「被害者」ではなかったと『裏オプ』の著者は記す>

以前、『売春島――「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』(高木瑞穂著、彩図社)という書籍を紹介したことがある。「売春島」と呼ばれる三重県の渡鹿野島について、その歴史から売春産業の成り立ち、隆盛、衰退までのプロセスを解き明かしたノンフィクションだ。

【参考記事】「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

そこで初めて知ることになった渡鹿野島の真実もさることながら、同書について印象的だったのは、著者の地道で緻密な取材力だった。足で調べてこつこつとファクトを積み上げていく手法が見事で、ノンフィクション取材の機会は多くない自分にも、見習うべき点が多くあると感じたのだ。

だから同書を読んで以来、この著者が次にどのような本を出すのかがずっと気になっていた。それが今回紹介する『裏オプ――JKビジネスを天国と呼ぶ"女子高生"12人の生告白』(高木瑞穂著、大洋図書)である。

今回のテーマは「裏オプ」。この言葉は知らなかったのだが、著者によればそれは「裏オプション」の略語だ。リフレ店などのJKビジネス(女子高生が個室で簡易マッサージを行うサービス、「リフレ」はリフレクソロジーの略)にはメニュー表があり、添い寝やハグといったオプションが用意されているが、裏オプは文字どおり、メニュー表にはない「裏のプレイ」。多くの場合、本番などの性行為を意味するのだという。

その原点は、リフレ店のオプションサービスとして2012年ごろに登場した「JK散歩」と呼ばれる店外デートだ。私服でのデートに応じる店も多く、傍目には"仕事中"とはわからないため、警察や周囲の目を気にすることなくラブホテルに行くことができたというわけだ。

ただし2014年にJKリフレから18歳未満が締め出されてからは、摘発逃れのために業態が細分化。ハグや添い寝など少女との接触行為が規制の網にかかると、需要の高いアンダー(18歳未満の少女)を使って荒稼ぎを目論むオーナーが、散歩だけを独立させた店を次々と誕生させたのだ。

そうなれば、表向きは接触プレイがなかったとしても、裏側で本番などの性サービスが横行するようになるのは当然の成り行きだった。いつ摘発されてもおかしくない状況下、短期間で荒稼ぎしようと、客が払うプレイ代はまるまる店の取り分とし、女の子には「エンコーして稼げ」とするシステムを採用する店が増加したというのである。

この場合、経営者にとっては「買春客を紹介してやっている」という身勝手な理屈が通ることになる。もちろんそれも問題なのだが、さらに深刻なのは少女たちの感じ方かもしれない。彼女たちの中には、「うちらアンダーを雇ってくれる」と甘んじて受け入れた側面があったというのである。


「エンコー目的のコは基本、リフレじゃなくお散歩で働いていました。だって誰にもバレずに裏オプして稼げるから。私たちはもう、散歩店で働く=裏オプが当たり前の世代。裏オプばかりの店で、ひとりだけ拒んでいたら全くお客さんはつかないし、稼げないし。エンコーとお散歩って似てる。外で会って、コース料金以外の裏オプ代はすべて自分のものになるから。エンコー目的のウチらにとってお散歩は、客をマッチングしてくれる出会い系サイトみたいなものでした。歩合なので日によるけど、多い日で五〜六万円。週二〜三日しか出勤してなかったこともあったけど毎月、確実に二〇万以上にはなった。
 最高は六〇万です。なかには一〇〇万以上稼いでいるコもいた。洋服代、カラオケ代、化粧品代、ネイル代......稼いだお金はぜんぶ使っちゃいました。稼ぎたい。でもキャバや風俗で働ける年齢じゃない。それで見つけたのがJKビジネスだった。ちょっとでも割のいいバイトとなると......リフレしかなく、特に何の抵抗もなく働き出して。裏オプを覚え、今度はお散歩で本番するようになって。やましいことしてるって感覚がなかったから、私も友達に紹介したりして。カラダを売ることには抵抗があったけど、まあ、ちょっと我慢すればお金が貰えたから」(散歩店で働いていた現役女子高生)(「プロローグ」より)

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 2

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 3

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

  • 4

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 5

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解…

  • 10

    韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられ…

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 7

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 8

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 9

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 10

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月