最新記事

株の基礎知識

円安の今こそ買いたい銘柄は「円安じゃなくても」の日本企業

2022年11月18日(金)06時25分
千葉 明 ※かぶまどより転載

例えば、配当性向60%を掲げるファナック<6954>。FA用NC旋盤で世界首位、かつ産業用ロボット・小型マシニングセンタでも世界で屈指の存在。前期(3月期)「33.0%増収、62.9%営業増益、65.2%最終増益」、今期も「12.6%の増収、7.7%の営業増益、7.0%の最終増益」の計画。そして、FAセンサーなど検出・計測制御大手のキーエンス<6861>。前期(3月期)は「51%増収、51%営業増益」、そして今期も「過去最高益更新」計画。売上高営業利益率55.4%。武器は、日本市場と同様の「当日出荷」。半導体不足など部材不足の中でそれを可能にしているのが、取引先企業のニーズを把握しきっている営業力。

さらに、復興感を強めるキヤノン<7751>。前期の155.0%営業増益に続き、今期計画も第1四半期開示と同時に「27.7%増」に上方修正。海外比率は10%台だが、ミナトホールディングス<6862>なども興味深い。産業用メモリー・デバイスプログラマー・ATM用タッチパネルが3本柱。M&A戦略で巧みに成長街道を駆け上がってきている。

広くその名が知られる著名企業ばかりではない。朝日インテック<7747>は、循環器系治療のPTCAガイドワイヤーや貫通カテーテルが順調。非循環器系でも末梢神経系・腹部血液管系が好調。国内はやや足踏みも米国で非循環器系が伸長している。トレックス・セミコンダクター<6616>は、車載や産業機械向けに強みの電源ICのファブレスメーカー。傘下にパワー半導体の受託製造企業を有す。前期には計3回の上方修正をした点は、記憶に新しい。

前期段階ですでに円安効果が顕著に見受けられ、今期も増益計上の企業を探すのがポイントになりそうだ。JUKI<6440>は株価700円出入りで、予想配当利回りは4%前後。8万円ほどで株主になれる。イビデン<6440>の株価は4,600円台。レジストなど半導体材料が主体のJSR<4185>。特殊黒鉛で世界シェア30%と首位の東洋炭素<5310>。エフ・シー・シー<7296>はクラッチ専業、二輪で世界首位で配当利回り2.9%。いずれも関心を持って然るべき銘柄と言える。

円安で「爆買い」の再来なるか

ところで、政府の「水際対策の緩和」と相まって、「円安によるインバウンド買い」が盛り上がり始めている。

(参考記事)株式市場の需給を支える「信用取引」 その始まりはGHQだった

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:「安全で低価格」、中国EVメーカーが欧州

ビジネス

焦点:苦境の1年だった新興国市場、戻り期待の強気派

ビジネス

アングル:米ブラックフライデーは人影まばら、衝動買

ビジネス

暗号資産、反対するよりも規制が得策=バイナンスCE

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:うなだれる中国経済

2022年11月29日号(11/22発売)

「GDPでアメリカを超える」習近平の夢は実現困難。経済成長の足を引っ張る原因はどこにある?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    自閉症の妹を売って生きる... 文句なしの問題作『岬…

  • 7

    デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 10

    ロシアの主要都市で原因不明の爆発と火災、ただごと…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月