注目のキーワード

最新記事

トレーニング

ジムや器具はもう必要ない 「自重筋トレには最高の時代」と囚人コーチ語る

2020年3月25日(水)11時15分
ニック・コリアス

写真はイメージです。 vuk8691-iStock.

<アスリートが驚き、体を痛めた者も強くなり、若者たちはジムから「集団移動」している――それが自重力トレーニング(キャリステニクス)の世界。話題の『プリズナートレーニング』著者が応じた貴重なインタビュー(後編)>

※インタビュー前編:「囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニングの驚くべき効果とは?」より続く

――実際にプログレッシブ・キャリステニクス(漸進的に負荷を上げていくキャリステニクス)をやったアスリートたちは、どんな点に驚き、興味を持ちますか?
conditioningbook20200325-cover200.jpg
アスリートたちが一様に驚くのは、自重力トレーニング(自分の体重だけを使って行う筋力トレーニング)が関節に及ぼす影響だ。これに勝るものはない。自重力トレーニングを正しく行えば、関節を磨耗させる代わりに強くする。

なぜか? 私たちの体が、それ自体を動かすことを意図してつくられているからだ。文字通り、体重を使って押したり引いたり、しゃがんだりジャンプすることで、私たちの体は進化してきた。その意図に従えば、筋力同様、関節も強くなっていく。

すべてのボディビルダーが自重力トレーニングをプログラムに加えるべき理由がここにある。関節を強く保てるからだ。

私は、ウエイトなどの外部荷重を扱う前に、体重の扱い方をマスターすべきだという信仰を持っている。自分の体重を相手に正しくスクワットできないのに、重いバーベルを担いでどう正しくスクワットするというのか? でかい鉄を担いでスクワットする前に、体重を相手に、スクワットという動作に関わってくる神経系、腱、深部組織を慣らしておく必要がある。

そうすればケガも少なくなる。誰でも分かる話だろ?

歴史上、伝説になっているボディビルダーやリフターは、ウエイトを挙げる一方で自重力ワークもやっていた。60年代まではそれが常識だったのだ。

最近の若いやつらは、鉄を山のように積み上げて、レッグプレスをごく少ない回数やっている。一方で、ワンレッグ・スクワットを1レップすらできない。それでいて、なぜ、いつも膝を傷めているのかと不思議がっている。

condioningbook20200325-2-2.jpg
condioningbook20200325-2-3.jpg

ワンレッグ・スクワット(『プリズナートレーニング』133ページ)

若いやつらは、地面すれすれまで体を降ろすプッシュアップ20レップスができない。一方で、鉄をどんどん加えてベンチプレスをやっている。10レップスのプルアップができないボディビルダーが、かがんでバーベルロウに勤しみ、背中や腰を壊してしまっている。

ボディビルダーが痛みに苦しんでいるのは偶然ではない。いきなり「重い」世界へ飛び込むからそうなるのだ。その道を行く必要はない。

「ジムで、膝(あるいは、背中、肩、手首)をダメにしたので、二度とトレーニングできないと思っていた」という内容のメールや手紙がいつも私のところに送られてくる。

プログレッシブ・キャリステニクスを6カ月間やれば、これらの「絶望的な者たち」も虎のようにしなやかな体に変わる。関節の痛みと関節炎が改善し、以前よりも強く大きくなっていく。ボーナスとして体脂肪が減ってくる。この変化に驚かない人はいないだろう。

ウエイトトレーニングを非難しているわけでも馬鹿にしているわけでもない。プログレッシブ・キャリステニクス検定(Progressive Calisthenics Certification、PCC)のインストラクターの中には、ウエイトを使う者が少なからずいるし、ウエイトを使ってクライアントにトレーニングを施す者もいる。

プログレッシブ・キャリステニクスは、特にボディビルダーにとって信じられないほど価値があるものだが、それでいて、まったく知られていないツールだ。私はPCCブログを通して、プログラムにキャリステニクスを加えるようボディビルダーたちに呼びかけたことがある。

【参考記事】全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、週足では下落 インフレピー

ビジネス

米国株式市場=S&Pとナスダック4週連続高、楽観広

ビジネス

中国国有大手5社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏家宅捜索で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月