最新記事

トレーニング

ジムや器具はもう必要ない 「自重筋トレには最高の時代」と囚人コーチ語る

2020年3月25日(水)11時15分
ニック・コリアス

写真はイメージです。 vuk8691-iStock.

<アスリートが驚き、体を痛めた者も強くなり、若者たちはジムから「集団移動」している――それが自重力トレーニング(キャリステニクス)の世界。話題の『プリズナートレーニング』著者が応じた貴重なインタビュー(後編)>

※インタビュー前編:「囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニングの驚くべき効果とは?」より続く

――実際にプログレッシブ・キャリステニクス(漸進的に負荷を上げていくキャリステニクス)をやったアスリートたちは、どんな点に驚き、興味を持ちますか?
conditioningbook20200325-cover200.jpg
アスリートたちが一様に驚くのは、自重力トレーニング(自分の体重だけを使って行う筋力トレーニング)が関節に及ぼす影響だ。これに勝るものはない。自重力トレーニングを正しく行えば、関節を磨耗させる代わりに強くする。

なぜか? 私たちの体が、それ自体を動かすことを意図してつくられているからだ。文字通り、体重を使って押したり引いたり、しゃがんだりジャンプすることで、私たちの体は進化してきた。その意図に従えば、筋力同様、関節も強くなっていく。

すべてのボディビルダーが自重力トレーニングをプログラムに加えるべき理由がここにある。関節を強く保てるからだ。

私は、ウエイトなどの外部荷重を扱う前に、体重の扱い方をマスターすべきだという信仰を持っている。自分の体重を相手に正しくスクワットできないのに、重いバーベルを担いでどう正しくスクワットするというのか? でかい鉄を担いでスクワットする前に、体重を相手に、スクワットという動作に関わってくる神経系、腱、深部組織を慣らしておく必要がある。

そうすればケガも少なくなる。誰でも分かる話だろ?

歴史上、伝説になっているボディビルダーやリフターは、ウエイトを挙げる一方で自重力ワークもやっていた。60年代まではそれが常識だったのだ。

最近の若いやつらは、鉄を山のように積み上げて、レッグプレスをごく少ない回数やっている。一方で、ワンレッグ・スクワットを1レップすらできない。それでいて、なぜ、いつも膝を傷めているのかと不思議がっている。

condioningbook20200325-2-2.jpg
condioningbook20200325-2-3.jpg

ワンレッグ・スクワット(『プリズナートレーニング』133ページ)

若いやつらは、地面すれすれまで体を降ろすプッシュアップ20レップスができない。一方で、鉄をどんどん加えてベンチプレスをやっている。10レップスのプルアップができないボディビルダーが、かがんでバーベルロウに勤しみ、背中や腰を壊してしまっている。

ボディビルダーが痛みに苦しんでいるのは偶然ではない。いきなり「重い」世界へ飛び込むからそうなるのだ。その道を行く必要はない。

「ジムで、膝(あるいは、背中、肩、手首)をダメにしたので、二度とトレーニングできないと思っていた」という内容のメールや手紙がいつも私のところに送られてくる。

プログレッシブ・キャリステニクスを6カ月間やれば、これらの「絶望的な者たち」も虎のようにしなやかな体に変わる。関節の痛みと関節炎が改善し、以前よりも強く大きくなっていく。ボーナスとして体脂肪が減ってくる。この変化に驚かない人はいないだろう。

ウエイトトレーニングを非難しているわけでも馬鹿にしているわけでもない。プログレッシブ・キャリステニクス検定(Progressive Calisthenics Certification、PCC)のインストラクターの中には、ウエイトを使う者が少なからずいるし、ウエイトを使ってクライアントにトレーニングを施す者もいる。

プログレッシブ・キャリステニクスは、特にボディビルダーにとって信じられないほど価値があるものだが、それでいて、まったく知られていないツールだ。私はPCCブログを通して、プログラムにキャリステニクスを加えるようボディビルダーたちに呼びかけたことがある。

【参考記事】全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米ゴールドマン社員の差別是正訴えたメール、社内で拡

ワールド

シンガポール、コロナ追跡でウエアラブル端末配布を計

ビジネス

景気動向指数、4月は先行・一致ともに前月比で過去最

ワールド

米NY州バッファローでデモ参加者がけが 警官に突き

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 5

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 6

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 7

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 10

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月