最新記事

トレーニング

囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニングの驚くべき効果とは?

2020年3月24日(火)17時20分
ニック・コリアス

写真はイメージです。 vuk8691-iStock.

<もしも外出禁止でジムに行けなくても問題ない、自重力トレーニングをやればいい――。話題の『プリズナートレーニング』著者が応じた貴重なインタビュー。キャリステニクスとは何か、なぜ優れたトレーニング法なのか(前編)>

映画『300〈スリーハンドレッド〉』に出てくるスパルタ人のような外見を求め、あなたもジムで数え切れないほどの時間を費やしているだろう。

しかし、あなたのトレーニングプログラムがどれほどすごいものでも、ポール・ウェイドはビクともしない。彼、そして本物の戦士たちは、神が与えたもの――体重――だけでそれを手に入れている。

1979年に初めて収監されたポール・ウェイドは、アメリカの中でも特に凶悪な犯罪者たちが集まる監獄を20年以上渡り歩いた男だ。そして、2009年に出版された『Convict Conditioning』(邦訳版『プリズナートレーニング』山田雅久訳、CCCメディアハウス、2017年)と共にこの社会に戻ってきた――私たちのために。

過酷な環境の中で生き抜くためにウェイドがたどり着いたのは、6つの動作(ビッグ6)をやることだった――プッシュアップ(腕立て伏せ)、プルアップ(懸垂)、スクワット、ハンドスタンド・プッシュアップ(逆立ち腕立て伏せ)、レッグレイズ(腹筋を使って脚を上げる動作)、ブリッジ(後ろに向かって脊柱を曲げる動作)だ。それだけ。そこに「正しい知識とバケツ1杯分の決意」さえあればいいらしい。

フィットネスのウェブサイト――このサイトを含む――で紹介されているトレーニングプログラムをスクロールすれば、それで十分じゃないの?と不思議に思うかもしれない。

現代のジムでは、プッシュアップやプルアップは普通、アペタイザー(ウォーミングアップ)かデザート(ハードなトレーニング後の仕上げ)に過ぎない。ウェイドのシステムは、レップ(トレーニングの回数)ではなくステップに焦点を当てることで、プッシュアップやプルアップをメインコースにしたものだ。

「ビッグ6」の各々は10ステップに分かれ、レップ的なゴール基準をクリアすれば次のハードな世界へと進んでいけるシステムになっている。

40レップスのプッシュアップをやり遂げても、あなたがいるのはまだステップ5。それができたらクローズ・プッシュアップ(両手の人差し指を触れ合わせてやるプッシュアップ)をやる権利を獲得する。

conditioningbook20200324-1-2.jpg
conditioningbook20200324-1-3.jpg

プッシュアップのステップ5となるフル・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』81ページ)

このプッシュアップ・シリーズの最終ゴールは、ワンアーム・プッシュアップ(片腕でやるプッシュアップ)だ。それが「マスターステップ」であり、定期的にトレーニングしていれば、誰もがそこへ到達できるプログラムになっている。

conditioningbook20200324-1-4.jpg
conditioningbook20200324-1-5.jpg

プッシュアップのステップ10、ワンアーム・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』91ページ)

2011年に出版された続編『Convict Conditioning 2』(邦訳版『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』山田雅久訳、CCCメディアハウス、2018年)では、クラッチフラッグ、レスラーブリッジ、指先プッシュアップなどのより複雑な動作が紹介されている。

conditioningbook20200324-1-6.jpg

クラッチフラッグ(『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』87ページ)

これら2冊のマニュアルを使って徹底的に説明するだけでなく、ウェイドはそこに、古代ギリシャ人、武道家、囚人、伝説的なストロングマンであるチャールズ・アトラスなどの話を織り込みながら、自重力トレーニング(自分の体重だけを使って行う筋力トレーニング)の歴史を紐解いていく。

「彼らは、釘や樽のような外部の物体に力を解き放つことで自分の強さを見せつけていた」。そして、「その強さは、多くの場合、体重をコントロールすることでつくったものだ」とウェイドは書いている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、柔軟かつ的を絞った金融政策を下期に進める=人

ビジネス

JALの4─6月期、09年に次ぐ規模の最終赤字 通

ワールド

豪、自宅待機手当導入へ ビクトリア州は小売など営業

ワールド

ジョン・ヒューム氏死去、北アイルランド和平への貢献

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月