最新記事

トレーニング

囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニングの驚くべき効果とは?

2020年3月24日(火)17時20分
ニック・コリアス

自重力トレーニングの世界に君臨するこの純粋主義者は、昨年(2018年)『Convict Conditioning DVD シリーズ』をリリースしている。サンフランシスコ湾に浮かぶ脱出不可能な監獄島、アルカトラズで撮影したものだ。

シリーズでは「ビッグ6」のうちの5つ(ハンドスタンド・プッシュアップは未発売)が取り上げられ、「ビッグ6」各動作の10ステップが、映像とイラスト付きのマニュアルで説明されている。

ウェイドはインタビューを受けることがあまりない。しかし、(取材当時)執筆中だった『Convict Conditioning 3』(邦訳版『プリズナートレーニング  実戦!!! スピード&瞬発力編』山田雅久訳、CCCメディアハウス、2019年)の作業を中断し、「どこにでも持ち運べる究極のバーベル」について、また、Bodybuilding.comの寄稿者でもあるアル・カバドロと最近立ち上げたワークショップ(プログレッシブ・キャリステニクス〔漸進的に負荷を上げていくキャリステニクス〕検定)についてメールを通じて答えてくれた。

◇ ◇ ◇

――私たちのほとんどは「キャリステニクス」という用語を知っています。しかし、プルアップからジャザサイズ(ダンス、筋力トレーニング、音楽を組み合わせたトレーニング)まで、人によって思い浮かべるものが違います。あなたにとってそれは何を意味し、また「プログレッシブ」キャリステニクスとは何ですか?

私にとってのキャリステニクスは、体の動きに精通し、それを制御する技術のことだ。それ以外の何物でもない。

キャリステニクスで動かすのは自分の体であり、バーベル、ダンベル、マシン、あるいはテレビで紹介されるガジェットではない。つまり、フィットネスにおける周辺事項ではない。すべてのトレーニングの中心にあるものだ。

ヨガも柔軟性トレーニングも、あるやり方で体を動かす。ランニング、水泳、有酸素運動も同じだ。それらはキャリステニクスと言える。

バランストレーニングや逆立ちもそう。アジリティ(俊敏な転換能力)ワーク、タンブリング(床の上で跳躍や回転を行う運動)、ジャンプ、フリップ、キック。すべて体重を用いて体を動かすことで筋力を高める動作だ。それが筋力トレーニングの最も原初的なやり方であり、それがキャリステニクスだ。

プログレッシブ・テクニック(漸進的技術)を使えば、ばかばかしいほど簡単にできるリハビリレベルの動作から、人間のパワーと能力の限界ともいえる「holy shit」(ウソだろ?)のレベルまで、自重力エクササイズのシリーズが組み立て可能になる。

プルアップがいい例だ。ほとんどのコーチは、両腕でやる普通のプルアップを知っている。しかし、ジャックナイフ・プルアップやレッグアシステッド・プルアップのようなそれより簡単なバージョンを知っているだろうか? もっと難しいプルアップは?

バーベルやダンベルを使ったトレーニングと同じで、強くなりたかったら、ターゲットにしているレップ数をクリアし、そこからよりタフな世界へと向かう。

バーベルトレーニングなら簡単にそれができる。ウエイトを追加するだけでいいからだ。体の動かし方を変えるプログレッションを学ぶキャリステニクスでは、もっと知的なアプローチが必要になる。

私は、ワンアーム・プルアップに至るまでの30かそれ以上の異なるプログレッションを教えることができる。ワンアーム・プルアップが6回できるようになれば、腕相撲コンテストで平均的なボディビルダーの骨を折る筋力が身につくだろう。ビア樽のような上腕二頭筋も手に入る。

ヘナチョコが怪物に変わっていく。それがプログレッシブ・キャリステニクスだ。しかし、この種の技術を誰が教えてくれるというのか? それは監獄の外の世界でほとんど失われてしまった技術だ。

【参考記事】全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つの理由

関連ワード

ニュース速報

ワールド

G20エネルギー相会合を10日開催、世界的な協調促

ワールド

ノルウェー、コロナ抑制策解除に着手 幼稚園・学校再

ビジネス

米財務長官、中小企業に冷静な対応呼び掛け 「支援資

ワールド

サウジ、新型コロナ感染最大20万人も 主要都市で2

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバングラデシュ

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    日本版ロックダウンでできること、できないこと

  • 9

    イタリアを感染拡大の「震源地」にした懲りない個人…

  • 10

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 10

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月