最新記事

プレゼンテーション

プレゼンは緊張したほうがいい、人前で話すのに恐怖を感じるのは当然だ

2019年10月10日(木)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

緊張は自分を助けてくれる

幸いなことに、緊張はプラスに働きうる。不安はモチベーションにつながる。説得力のあるストーリーをまとめ上げ、作った資料に間違いがないか確認し、事前に提案を売り込んでおくという準備を万全にしようという姿勢を生み出しうるからだ。ルーシー・ケラウェイはこう説明している。

「不安が惨憺たる結果を防いでくれる。自分では面白いと思っていても相手をからかうような余計な話をしようとしなくなるからだ」

不安はエネルギーにもつながる。緊張すると神経が研ぎ澄まされて敏感になる。気持ちも高まる。こうしたエネルギーがプレゼンを良くすることにつながるのだ。そのエネルギーをプレゼンに生かすようにすればいい。スコット・バークンはこう言っている。

「人前でも平気で話せるようなふりをすると、自分の体が与えてくれる自然なエネルギーが得られなくなってしまう」

ストレスを前向きに捉えれば、自分の考え方を完全に変えることができる。緊張することはプラスになる。健康心理学者のケリー・マクゴニガルは、2013年のTEDカンファレンスでの講演でこう言っている。

「ストレスについて自分の考え方を変えれば、ストレスに対する体の反応を変えられる。ストレスを感じたら、『この状況を乗り切れるように体が助けようとしてくれているのだ』と考えるべきだ」

自信が物を言う

プレゼンで緊張するのはほぼ避けられないとしても、やはり自信をもって臨みたい。緊張と自信というのは、矛盾するように思える取り合わせだ。自信は成功へのカギだ。うまくいくと思いながらプレゼンをすれば、勢いが生まれる。いくらかリラックスもできる。心が開かれた状態になり、意識が自分自身に向かうのではなく、プレゼンの内容と聞く側の人たちのことを考えられるようになる。

その逆のことも起こりうる。心配と不安にさいなまれ、「このプレゼンはうまくいかない」とか「しくじるのはわかっている」「このポイントを忘れてしまいそうだ」などと思ってしまう。

うまくいきそうにないと感じると、自信が薄れてしまう。そして緊張が高まり、不安がさらに強くなる。胸が締め付けられるような状態になり、意識が自分自身に向かってしまう。汗が出てきて、滑らかに話せなくなる。すると早口になってしまい、それに気づいてペースを落とすが、不自然なありさまになっていることに気づく──。

しかし、強い自信と強い緊張は併存しうる。緊張と動揺、不安を感じる一方で、このプレゼンはうまくいくという自信がある状態だ。私は毎年、「シカゴ・トライアスロン」の前にそんな状態になる。水に飛び込む前には不安で心配になる。しかし、最後まで乗り切れるという自信ももっている。もう15年近くやっているので、完走できることはわかっているのだ。

※第1回:名門MBAケロッグの名物教授、初めてのプレゼンは「ニワトリの洗い方」だった

※第3回:プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3つのこと


ニワトリをどう洗うか? 実践・最強のプレゼンテーション理論
 ティム・カルキンス 著
 斉藤裕一 訳
 CCCメディアハウス


ニュース速報

ワールド

米コロナ追加対策協議は膠着続く、与野党双方がけん制

ビジネス

ダウ357ドル高、S&P小幅高 ハイテク大手よりバ

ビジネス

ドル上昇、コロナ追加対策の行方焦点=NY市場

ビジネス

マクドナルドが前CEO提訴、退職金返還請求 従業員

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出で生態系に懸念

  • 3

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 4

    ワクチンめぐり富裕国が仁義なき争奪戦 コロナ対策…

  • 5

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」…

  • 6

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 7

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 10

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月