最新記事

対談

バズるにはどうしたらいい? 面白いってどういうこと?【田中泰延×岩下智】

2019年8月23日(金)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

omoshiroibook190823-3.jpg

「関西では、いちばん悲惨なことをした人が、いちばんヒエラルキーが上」と語る田中氏 Newsweek Japan

田中 確かに魅力がないと人を惹きつけないけど、ウンコを踏んで臭い人はなんで面白いんやろ?

岩下 本に書いた話で言うと「差別」っていうことかなと思うんです。つまり、ある対象に対して、自分とは違って「様子がおかしい」「滑稽である」「ヘンテコである」と感じるもの。そういう面白さって結構たくさんあるんですよね。変なことをしているとか、変な顔をしているとか。

関西のお笑いって、そういうところが特に面白いと思うんです。お笑いの基本としてよく言われる、面白い顔と、面白い動きと、面白い言葉ですよね。

田中 それは、ウンコを踏みに行って「クサッ」ていう顔をするところまで含まれているっていうことだと思うけど、ただ、大阪人の僕に言わせたら、それを自分がやらなきゃダメなんですよ。関西では、いちばん悲惨なことをした人が、いちばんヒエラルキーが上になる。

それと、「誤解されたままにする」。リカバーしちゃダメなんです。「あいつは頭が変だ」という状態のまま家に帰らなきゃいけないんです。

みんなが面白いと言うものは面白くない

岩下 なるほど。以前お会いしたときに聞いたラッコとカワウソの話もそうですよね?

田中 あれは単なる事実です。これは大事な話ですから、ちゃんと対処しておきたいので説明しますと、カワウソが体長50センチを超えたら、ラッコと呼ばれます。そして、ラッコが体長1メートルを超えると、ビーバーと呼ばれます。出世魚みたいなもので、生物学的にはまったく一緒なんです。

その証拠に、カワウソは英語で「Otter」、ラッコは「Sea otter」と言います。成長の過程でだんだん大きくなって、川が狭くなったから海に出ただけなんです。それがひとつの生物の真実なんです。ハマチがブリになるのと同じです。

これは何度も言っているけど、なかなか信じてもらえなくて......。僕はガリレオの気分ですよ。コペルニクスも同じ。真実を述べる者は無視されるんですよね。

岩下 この話を聞いたあと、一応ググりました(笑)。でも、世の中にはやっぱり間違いは正さなきゃ、指摘しなきゃっていう人も結構いて、ツイッターで炎上の元になるようなコメントを書いてしまうのも、実は真面目な人なんですよね。

SNSで面白いことを投稿しようとしている人も多いと思うんですけど、一方で、何でも大真面目に非難する人がいるから、面白いことを言えなくなるっていう風潮があると思うんです。CMや広告は特にそうで、「コンプライアンス」っていう言葉がよく使われるようになったあたりから、どうしてもみんな守りに入りがちですよね。

田中 この間テレビドラマを見ていたら、銀行強盗がシートベルトして逃げていましたからね。「急いで逃げろー!」って言いながら車に乗って、カチャって。これ、おかしいよね。

もちろん企業が炎上を恐れるのは分かるけど、そういう制約が多くなり過ぎて、広告も、広告業界にいる人も面白くなくなってきているんですよ。どんどん叩かれて、その結果、おしゃれに逃げる。

岩下 広告に関してもうひとつ思っているのは、みんなが面白いって言うものは、実はあまり面白くないということです。角が取れてツルッツルになってしまう感じで、気付くと普通になっている。予定調和に収まってしまうんですよね。

それってなんでだろうって考えると、みんなが面白いって言うってことは、面白くない人まで面白いって言っているからなんですよね。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国事業大きい保険5社、第2四半期のコロナ関連コス

ワールド

対米関係、正しい方向に維持する必要=中国外務次官

ワールド

米運輸省が自動車安全基準を監査へ、NHTSA基準を

ワールド

NZで3カ月超ぶりに確認されたコロナ感染者、貨物介

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月