最新記事

SDGs

あなたの買い物のCO2排出量を可視化する

MAKING CARBON EMISSIONS VISIBLE

2023年3月22日(水)10時40分
岩井光子(ライター)
二酸化炭素

Galeanu Mihai-iStock

<消費にともなう二酸化炭素量をモバイル決済時に可視化し、責任ある消費行動をうながすアプリが今年に入ってアメリカで劇的に注目されている。そしてその風が日本にも...>

金融と技術を掛け合わせたフィンテックという言葉をよく聞くようになった。スマートフォン1つでいろいろな金融手続きが可能になり、それまで銀行口座を持てなかったアフリカの貧困層が一気に送金サービスを利用できるようになるなど、SDGsの観点からも目覚ましい変革が起きている。

モバイル決済と同時に、消費に伴う二酸化炭素(CO2)量を可視化するサービスを提供しているのがスウェーデン発のフィンテック企業、ドコノミーだ。

設立は2018年。飽和状態にあったカード業界において、CO2排出量に換算して利用限度額を設けたクレジットカード「DO Black」を開発し、世界にインパクトを与えた。

日本でドコノミーを知っている人はおそらくこのカードを思い起こすことが多いだろうが、今ではその仕組みである「オーランド指数」を応用したアプリ開発にビジネスの軸を移している。

オーランド指数は、ドコノミーがフィンランドのオーランド銀行と連携して測定する環境負荷数値で、国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)のデータを参考にしている。例えばコンビニで500円買い物をしたら、コンビニで500円使う際の平均的なCO2排出量が弾き出され、デバイスのインターフェイス上に表示される。

ドコノミーによれば、オーランド指数の特長はデータの「信頼性」だ。一つはロンドン拠点の大手会計事務所、アーンスト・アンド・ヤング(EY)のシステム監査を受けており、この種のデータとしては初の第三者認証を取得していること。

もう一つは米金融情報大手S&Pグローバルの専門調査会社トゥルーコストが保有する、約2万社の膨大な環境負荷情報を基に数値を提供していることだ。

現在、ドコノミーのアプリは35の国・地域の約8億5000万人がダウンロードしているという。顧客には、収益の1%を環境保護団体に寄付する当座預金口座を始めたアメリカのバンク・オブ・ザ・ウエストなどがいる。

日本でも昨年6月、クレディセゾンが決済データとCO2排出量を連動させた国内初のデジタルクレジットカード「ビコーズ」を発行。ドコノミーと契約した初の日本企業となった。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏大口献金者メロン氏、無所属ケネディ氏に追

ビジネス

米ターゲット、5000品目を値下げへ 買い物客呼び

ビジネス

JPモルガン、純金利収入予想引き上げ 軟着陸想定も

ビジネス

米レッドロブスター、連邦破産法11条の適用を申請
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 10

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 9

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中