注目のキーワード

最新記事

仕事のすべてに役立つ「ロジカル・シンキング」を、基礎から学べる3冊の本

2022年3月24日(木)20時08分
flier編集部

LisaAlisa_ill-iStock

<「結局、何が言いたいの?」と言われてしまうあなたに必要なのは、自分の考えを整理し、相手に納得してもらえる伝え方をするための技術と考え方>

報告・連絡・相談から資料作成、プレゼンテーションまで、あらゆる仕事のベースとなる「ロジカル・シンキング(論理的思考法)」。ロジカル・シンキングが身についていないと、コミュニケーションに齟齬が生まれてしまったり、意思決定がうまくいかなかったりしてしまいがちです。

ここでは、ロジカル・シンキングの基礎と、ロジカル・シンキングを使ったコミュニケーションや意思決定を学べる本をご紹介します。(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)。

220324flr_lt02.jpg

ロジカル・シンキング
 著者:照屋華子、岡田恵子
 出版社:東洋経済新報社
 flierで要約を読む

ロジカル・シンキングの基礎を学びたいなら、まず本書をおすすめします。

仕事を進めるにあたっては、自分の考えを整理し、上司や取引先にわかりやすく伝えた上で、納得を引き出し、相手を巻き込んで成果を生み出す必要があります。本書を読んで、論理的にメッセージを伝えて相手を説得し、期待する反応を得るための思考法を学びましょう!

220324flr_lt03.jpg

〔新版〕一瞬で大切なことを伝える技術
 著者:三谷宏治
 出版社:三笠書房
 flierで要約を読む

「結局、何が言いたいの?」「説明がわかりにくい」と言われてしまいがちなあなたには、本書を。

本書のテーマは「重要思考」です。言いたいことをはっきりさせる「重要思考」で考えを整理できれば、複雑なことをわかりやすく説明しなくてはならない場面でも恐れる必要はありません!

220324flr_lt04.jpg

超速フレームワーク
 著者:大嶋祥誉
 出版社:三笠書房
 flierで要約を読む

「フレームワーク」とは、思考の枠組みのこと。フレームワークを使えば、迅速かつ精度の高い意思決定と効率的な問題解決ができ、仕事の生産性は大きくアップします。

本書では、使用例を交えながら、ビジネスのあらゆるシーンで使えるフレームワークが多数紹介されています。ロジカル・シンキングを使った意思決定・問題解決法を学び、思考の質を高めたいビジネスパーソンにおすすめしたい一冊です!

flier編集部

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。

通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されているほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。

flier_logo_nwj01.jpg

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

焦点:弱まるドル/円の反発力、米利上げ減速観測 日

ワールド

ペルー議会、カスティジョ氏罷免 副大統領が初の女性

ビジネス

米テスラ、タイで販売に参入 2車種発売

ビジネス

米石油大手シェブロン、来年の設備投資予算を2桁増1

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 3

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで却下された残念な理由

  • 4

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 5

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 8

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 9

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 10

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月