最新記事

自動車

交通事故で、運転者の安全ばかり重視してきた自動走行車に米当局がメス

Keeping Safe From Teslas

2021年9月2日(木)17時54分
デービッド・ジッパー(ハーバード・ケネディスクール客員教授)

テスラ車の売り上げは好調だが運転支援システムの安全性には疑問符が付く TORU HANAIーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<「オートパイロット」への厳格な取り締まりに向けた調査開始で、アメリカの交通政策は歩行者の安全重視へと変わるか>

米高速道路輸送安全局(NHTSA)が、米電気自動車大手テスラの取り締まりに向けて動きだした。過去30件の衝突事故に絡んでいるとみられるテスラの運転支援システム「オートパイロット」の調査開始を、8月16日に発表したのだ。

オートパイロットは、走行中の車線変更や速度調整などを管理するシステム。あくまで運転を「支援」するものだが、多くのドライバーがこれを過信し、完全自律型運転システムのように誤用してきた。

調査は、オートパイロット搭載のテスラ車が少なくとも11回、停車中の緊急車両に衝突した原因に焦点を絞って行われる。その結果次第でNHTSAはテスラに「欠陥」の是正を求めることができ、応じない場合は重い罰金を科す可能性がある。

テスラは電気自動車製造で先駆的な立場にあるが、自動運転をめぐる戦略は以前から無謀だと批判されてきた。米国家運輸安全委員会(NTSB)は長年にわたってNHTSAに対し、テスラのオートパイロットと、それを進化させたフルセルフドライビング(FSD=完全自動運転)の開発を規制するよう働き掛けてきた。

問題は、テスラが他社との競争で優位に立つために、オートパイロットおよびFSDの設計と搭載を優先して安全性を犠牲にしてきたことだ。同社は2つのシステムに紛らわしい名称を付け、ドライバーの過信や誤解を誘った。しかも高性能のドライバー監視システムの導入を拒み、所定の道路状況においてオートパイロットの起動が安全か否かという判断をドライバーに委ねた。

競合各社もいわゆる先進運転支援システムの開発を進めているが、今のところテスラよりもかなり慎重に取り組んでいる。連邦当局が厳しい取り締まりを始めれば、これらの企業がテスラの無謀なやり方をまねしないように促す効果が期待できる。

テスラ車に乗っていなかった側の被害者

NHTSAの調査には、ほかにも期待できる点がある。事故の際、テスラ車に「乗っていなかった」側の人々を重視していることだ。

例えば救急隊員。事故に巻き込まれた人の状態を確認するために、緊急車両を路肩に止めていた場合、そこに突進してくるテスラ車から救急隊員がわが身を守る方法はない。

歩行者や自転車に乗っている人も同じだ。ますます重く、大きくなり、歩行者や自転車利用者のような「路上の弱者」にとってさらに危険になっていく自動車の設計について、彼らは何もできない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

豪求人広告、6月は08年以来の高水準 利上げでも前

ワールド

ババリアン・ノルディック、米政府からサル痘ワクチン

ワールド

シドニーの数万人に避難指示、豪東部の集中豪雨受け

ビジネス

KDDI株、一時4%弱下落 長時間の通信障害を嫌気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月