最新記事

日韓関係

日本の韓国向け輸出規制が発動 対象となる材料と重要性、日本企業への被害は?

2019年7月4日(木)10時00分

日本政府は1日、スマートフォンなどの製造に必要な材料の韓国向け輸出規制を強化すると発表した。写真は2012年8月、都内で撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

日本政府は1日、スマートフォンなどの製造に必要な材料の韓国向け輸出規制を強化すると発表した。

対象となる材料やその重要性についてまとめた。

◎輸出規制が強化される材料と、その用途

対象はフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目。

フッ化ポリイミドはスマホのディスプレーに使われる。レジストは半導体ウエハーに回路パターンを転写するために塗布される薄い膜。フッ化水素は半導体製造工程においてエッチングガスとして使われる。

◎なぜ問題なのか

日本メディアによると、日本はフッ化ポリイミド生産で世界の約90%、エッチングガスで約70%を占めている。政府の報告によると、レジストの生産シェアは約90%。このため韓国の半導体メーカーは代替的な供給元を探すのが難しい。

韓国の大手半導体メモリメーカー筋は、韓国企業は在庫の積み増しを迫られると指摘。同社はレジストとエッチングガスの7割以上を日本に頼っていると述べた。

◎影響を受けそうな企業

サムスン電子、SKハイニックス、LGディスプレーはいずれも影響を受けそうだ。

韓国は今年1─5月に日本からレジスト1億0352万ドル、フッ化水素2844万ドル、フッ化ポリイミド1214万ドル相当を輸入した。

日本経済新聞によると、レジストを供給している日本企業はJSR、東京応化工業、信越化学工業、エッチングガス製造企業は昭和電工など。

関東電化工業も影響を受けそうだ。

◎輸出規制の仕組み

日本は3品目の対韓輸出について優遇扱いを中止し、輸出業者にその都度の許可申請を義務付ける。政府高官によると、審査には約90日間を要する。

日本は、韓国を安全保障上の友好国である「ホワイト国」のリストからもはずす計画。日本の輸出業者は軍事転用の恐れがある製品の輸出について許可を求める必要が生じる。

日本はドイツ、韓国、英国、米国などの27カ国をホワイト国に指定している。

◎紛争の背景

日本政府は、元徴用工問題で韓国政府が行動を起こさないとして不満を抱いている。韓国側は、日韓両国企業が出資して韓国人元徴用工への損害賠償金の財源をつくる案を提示したが、日本はこれを拒否した。

日韓両国の間には、1910年から45年に日本が朝鮮半島を植民地支配した苦い歴史がある。

◎WTO

韓国は日本の措置について、世界貿易機関(WTO)のルールに違反すると非難。WTOへの提訴など必要な対抗策を講じると表明している。

日本はWTO違反に当たらないとの立場だ。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月