最新記事

ビジネス

ミレニアルズ世代が熱狂する「カスタマイズ」とは何か

「自分好みのシリアルバー」で成功した先駆者が語る、新たな消費トレンド

2015年7月1日(水)19時00分
カスタマイズプラスマガジン

特注をビジネスに カスタマイゼーションで起業した若き経営者アンソニー・フリン YouBar - YouTube

 2006年、スノーボードのインストラクターで健康オタクの母親と息子が立ち上げたカスタムメイド・プロテインバー・ブランド「YouBar(ユーバー)」。「あなたのための完璧なプロテインバーを届けたい」というコンセプトで創業し、アメリカはロサンゼルスの工場で顧客1人1人が求めるプロテインバーを製造しています。

 そして、素材も味も栄養も自分好みに作れる「YouBar」のCEOを務めるのがAnthony Flynn(アンソニー・フリン)氏です。今回、カスタマイズプラスマガジンでは幸運にもアンソニー氏にインタビューの機会を得ることができました。

 アンソニー氏の勢いはYouBarの創業に収まらず、「カスタムメイド・プロテインバー・ビジネス」を通じた自身の体験をもとに、アメリカの大量生産から特注量産への時代のシフトを描いた一冊"CUSTOM NATION(カスタム ネーション)"(邦訳『カスタマイズ 【特注】をビジネスにする新戦略』)を出版。著者として2012年のニューヨークタイムズ・ベストセラーに輝き、アメリカでは「カスタマイゼーション」の先駆者の一人としてコンサルティング、講演など、活動の幅を広げています。

 日本では「カスタムメイド・プロテインバー(オーダーメイド・プロテインバー)」という言葉自体まだ聞きなれないものかもしれません。しかし、アメリカを中心に YouBarをはじめとした「私たちが買うものすべてが個人の好きなようにカスタマイズされる/カスタマイズできる」という"波"は確実に広まってきています。

 カスタムメイド・プロテインバー・ブランドのCEOとして、ニューヨークタイムズ・ベストセラーの著者として、「21世紀のカスタマイゼーション」の先頭を走るアンソニー氏へのインタビュー、ぜひお楽しみください。

――YouBarについて紹介をお願いします。

 YouBar(ユーバー)は、ロサンゼルス発のカスタムメイド・プロテインバー・ブランドです。遡ること2006年、私と私の母の2人で立ち上げた会社で、例えばアレルギーをお持ちの人、また健康意識が高い人のため、1人1人異なるニーズにあわせたプロテインバーを製造しています。

 今年で9年目になりますが、現在は8,000平方フィートの自社工場(約225坪)に30名の従業員を抱え、1日に10,000本のカスタム・プロテインバーを製造できるまでの規模へ成長しています。

ニュース速報

ビジネス

米ペイパル、国内過激派などの資金調達方法調査へ

ビジネス

保険仲介エーオン、ウィリス買収撤回 米司法省が競争

ビジネス

ゴールドマン、年内の米経済成長率見通し引き下げ

ビジネス

米中、首脳会談巡り協議せず 国務副長官が王外相と会

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 9

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 10

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 8

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月