最新記事

ビジネス

ミレニアルズ世代が熱狂する「カスタマイズ」とは何か

「自分好みのシリアルバー」で成功した先駆者が語る、新たな消費トレンド

2015年7月1日(水)19時00分
カスタマイズプラスマガジン

特注をビジネスに カスタマイゼーションで起業した若き経営者アンソニー・フリン YouBar - YouTube

 2006年、スノーボードのインストラクターで健康オタクの母親と息子が立ち上げたカスタムメイド・プロテインバー・ブランド「YouBar(ユーバー)」。「あなたのための完璧なプロテインバーを届けたい」というコンセプトで創業し、アメリカはロサンゼルスの工場で顧客1人1人が求めるプロテインバーを製造しています。

 そして、素材も味も栄養も自分好みに作れる「YouBar」のCEOを務めるのがAnthony Flynn(アンソニー・フリン)氏です。今回、カスタマイズプラスマガジンでは幸運にもアンソニー氏にインタビューの機会を得ることができました。

 アンソニー氏の勢いはYouBarの創業に収まらず、「カスタムメイド・プロテインバー・ビジネス」を通じた自身の体験をもとに、アメリカの大量生産から特注量産への時代のシフトを描いた一冊"CUSTOM NATION(カスタム ネーション)"(邦訳『カスタマイズ 【特注】をビジネスにする新戦略』)を出版。著者として2012年のニューヨークタイムズ・ベストセラーに輝き、アメリカでは「カスタマイゼーション」の先駆者の一人としてコンサルティング、講演など、活動の幅を広げています。

 日本では「カスタムメイド・プロテインバー(オーダーメイド・プロテインバー)」という言葉自体まだ聞きなれないものかもしれません。しかし、アメリカを中心に YouBarをはじめとした「私たちが買うものすべてが個人の好きなようにカスタマイズされる/カスタマイズできる」という"波"は確実に広まってきています。

 カスタムメイド・プロテインバー・ブランドのCEOとして、ニューヨークタイムズ・ベストセラーの著者として、「21世紀のカスタマイゼーション」の先頭を走るアンソニー氏へのインタビュー、ぜひお楽しみください。

――YouBarについて紹介をお願いします。

 YouBar(ユーバー)は、ロサンゼルス発のカスタムメイド・プロテインバー・ブランドです。遡ること2006年、私と私の母の2人で立ち上げた会社で、例えばアレルギーをお持ちの人、また健康意識が高い人のため、1人1人異なるニーズにあわせたプロテインバーを製造しています。

 今年で9年目になりますが、現在は8,000平方フィートの自社工場(約225坪)に30名の従業員を抱え、1日に10,000本のカスタム・プロテインバーを製造できるまでの規模へ成長しています。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月