最新記事

ビジネス

ミレニアルズ世代が熱狂する「カスタマイズ」とは何か

「自分好みのシリアルバー」で成功した先駆者が語る、新たな消費トレンド

2015年7月1日(水)19時00分
カスタマイズプラスマガジン

特注をビジネスに カスタマイゼーションで起業した若き経営者アンソニー・フリン YouBar - YouTube

 2006年、スノーボードのインストラクターで健康オタクの母親と息子が立ち上げたカスタムメイド・プロテインバー・ブランド「YouBar(ユーバー)」。「あなたのための完璧なプロテインバーを届けたい」というコンセプトで創業し、アメリカはロサンゼルスの工場で顧客1人1人が求めるプロテインバーを製造しています。

 そして、素材も味も栄養も自分好みに作れる「YouBar」のCEOを務めるのがAnthony Flynn(アンソニー・フリン)氏です。今回、カスタマイズプラスマガジンでは幸運にもアンソニー氏にインタビューの機会を得ることができました。

 アンソニー氏の勢いはYouBarの創業に収まらず、「カスタムメイド・プロテインバー・ビジネス」を通じた自身の体験をもとに、アメリカの大量生産から特注量産への時代のシフトを描いた一冊"CUSTOM NATION(カスタム ネーション)"(邦訳『カスタマイズ 【特注】をビジネスにする新戦略』)を出版。著者として2012年のニューヨークタイムズ・ベストセラーに輝き、アメリカでは「カスタマイゼーション」の先駆者の一人としてコンサルティング、講演など、活動の幅を広げています。

 日本では「カスタムメイド・プロテインバー(オーダーメイド・プロテインバー)」という言葉自体まだ聞きなれないものかもしれません。しかし、アメリカを中心に YouBarをはじめとした「私たちが買うものすべてが個人の好きなようにカスタマイズされる/カスタマイズできる」という"波"は確実に広まってきています。

 カスタムメイド・プロテインバー・ブランドのCEOとして、ニューヨークタイムズ・ベストセラーの著者として、「21世紀のカスタマイゼーション」の先頭を走るアンソニー氏へのインタビュー、ぜひお楽しみください。

――YouBarについて紹介をお願いします。

 YouBar(ユーバー)は、ロサンゼルス発のカスタムメイド・プロテインバー・ブランドです。遡ること2006年、私と私の母の2人で立ち上げた会社で、例えばアレルギーをお持ちの人、また健康意識が高い人のため、1人1人異なるニーズにあわせたプロテインバーを製造しています。

 今年で9年目になりますが、現在は8,000平方フィートの自社工場(約225坪)に30名の従業員を抱え、1日に10,000本のカスタム・プロテインバーを製造できるまでの規模へ成長しています。

ニュース速報

ビジネス

日産、来年2月に臨時株主総会 内田新社長ら取締役選

ビジネス

日産が下方修正、今年度最終益は前年比7割減 世界で

ビジネス

英就業者数、7─9月は約4年ぶりの大幅減

ビジネス

アリババ「独身の日」、華為技術・小米・ユニクロなど

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 4

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「…

  • 5

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 6

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月