最新記事

フード

スマートフォンはレストランの敵?

写真撮影やSNSに没頭する客が客の回転を悪くし、食事を台無しにするとの指摘に激論が噴出

2014年8月26日(火)16時13分
アリソン・グリズウォルド

スマホをお供に 食事を撮影してSNSにアップするのは見慣れた光景だが Thomas Lai Yin Tang-Moment Open/Getty Images

 レストランにとって、スマートフォンは災いのもとらしい。食べ物の写真を撮り、フェイスブックなどのSNSにふけりながら食事する客が、この10年でテーブルの回転を1時間も遅らせている──そんな匿名の声が、広告掲載サイト「クレイグズリスト」の投稿コーナーに掲載された。

 投稿主はこう書いている。マンハッタンのミッドタウンイーストにある「地元住民も観光客も」訪れる彼のレストランで、04年7月の監視カメラの映像と今年7月の映像を比較検討してみた。すると、スマホに気を取られた今どきの客は、注文するのにも食事をするのにも支払いをするのにもより長い時間をかけ、そのくせ待たされたと言って店にケチをつけている!

「来店する客みんなに感謝しているが、もう少し配慮してもらえないものだろうか」と、彼は書いた。

 この怒りの投稿はたちまち、インターネット上で炎上した(現在、投稿は削除されている)。これを転載したウェブメディアの「ディストラクティファイ」は、即座に75万以上のシェアを獲得し、2600件のコメントがついた。

「スマホはレストランの回転を遅くする。待ち時間は2倍になっている」と、英デイリー・メール紙は主張。米ワシントン・ポスト紙は「(本当に、真剣に、永遠に)ディナーの席でスマホをやめたほうがいい理由」との記事を掲載した。

 匿名で何の根拠もないクレイグズリストの主張を額面どおりに受け取りたいのはやまやまだが、この問題をもう少し掘り下げたい。今回の投稿の中から具体的な記述を検証してみよう。

■45人中26人の客が食事の写真を撮るのに平均3分かけた。

■45人中14人の客が食事中の様子などを互いに撮影し合っていた。それを見せ合ったり写真を撮り直したりしてさらに平均4分費やしていた。

■45人中9人の客が食事の温め直しを頼んだ。携帯に時間を取られなければ食事は明らかに冷めなかったはず。

■45人中27人の客がウエーターにグループ写真の撮影を頼んだ。うち14人は1枚目が気に入らず取り直しを頼んだ。おしゃべりや写真の確認で5分を費やし、その間ウエーターは他のテーブルを接客できずにいた。

......食事の写真を撮るのに3分? 気楽なスナップを1〜2枚撮るにしてはずいぶんな時間のかけようだ。写真を友達と見せ合って4分というのも長過ぎ。それもアツアツでおいしそうな食事が目の前に運ばれているというのに。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ワールド

中国のEU産豚肉調査、スペインが交渉呼びかけ 「関

ワールド

パレスチナ自治政府、夏にも崩壊 状況深刻とノルウェ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中