最新記事

世界経済

世界で高まる不動産バブルの真の脅威

Is the Subprime Crisis Back?

米サブプライム復活よりイギリスの住宅バブルより怖いのは、やはりあの国

2014年6月30日(月)12時05分
マイケル・モラン

 08年の金融危機の元凶となった信用度の低い個人向けの住宅融資、サブプライムローン。統計によると、この悪名高いローンに復活の兆しがある。私たちはまた同じ過ちを繰り返すのだろうか。

 住宅ローンバブルで世界が2度目の大恐慌に陥りかけてからわずか6年だというのに、カリフォルニアなどでは住宅価格が急騰。米不動産サイトはその大半を「高過ぎ」と評価した。

 バブルは世界に広がっている。ノーベル賞経済学者のポール・クルーグマンは最近、過去10年で住宅価格が3倍になったスウェーデンの不動産市場にバブルを宣告した。だがスウェーデン政府は、危機当時のアメリカよりはましだと主張。家計の貯蓄率がマイナスで政府は借金まみれなどということはスウェーデンではあり得ないという。

最大の懸念は中国の銀行危機

 イギリスやカナダでも住宅価格は数年前から高騰し、バブル懸念がくすぶっている。

 だが世界のあらゆる住宅バブルの中で、何といっても一番巨大なのは中国だ。中国の不動産大手SOHO中国を率いる潘石屹(パン・シーイー)は最近、中国の不動産市場をタイタニック号に例え、破壊に向かって突き進んでいる、と指摘した。「いったん氷山にぶつかれば、不動産よりも銀行が損失を被るだろう」

 世界経済にとって、最も怖いのは中国の銀行危機だ。中国の銀行の実態は闇の中だが、世界貿易には食い込んでいる。今年6月には、ロシア企業が対外取引の決済の一部を人民元にすると発表した。ウクライナ問題をめぐる欧米の経済制裁で、米ドルが調達できなくなる恐れがあるからだ。

 もっとも、仮に中国の不動産バブルが崩壊しても、08年のような危機にはならないようだ。社会保障制度が整っていない中国では、人々の貯蓄率が高い。不動産価格が下がっても、耐え忍ぶ余地があるのだ。

 それに中国の消費はまだアメリカや日本のように世界を引っ張るほど強力ではない。内需よりも輸出中心の経済だからだ。世界最大のバブルも、心配し過ぎる必要はなさそうだ。

From GlobalPost.com特約

[2014年6月24日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀次期総裁、劉鶴政治局委員が最有力=関係筋

ビジネス

米政権、北朝鮮に大規模な制裁 船舶・海運会社など対

ビジネス

アングル:欧州企業の業績上振れ鮮明、通期2桁増益予

ビジネス

日産とDeNAが実証実験、「技術革新の先」の移動サ

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷なぜ?

  • 3

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

  • 4

    思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

  • 7

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 8

    オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

  • 9

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

  • 2

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    銃乱射を生き残った高校生たちに全米から誹謗中傷な…

  • 7

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊 トランプ

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月