最新記事

テクノロジー

グーグルは「邪悪」になったのか

組織内部に深く入り込んだノンフィクション『グーグル ネット覇者の真実』が明らかにするブラックボックスの中身とは

2011年12月13日(火)18時06分

曲がり角 「邪悪になるな」のモットーのもとに進化してきたグーグルだが Baz Ratner-Reuters

 インターネットに触れたことのある人で、グーグルが検索エンジンの名前であることを知らない人はいないだろう。だが、グーグルに莫大な収益をもたらした画期的なビジネスモデルが生み出された経緯や、その事実を競合他社(特にIT業界の巨人マイクロソフト)の目に触れないようにした「隠ぺい戦略」の実態については、これまで外部に詳細が明らかにされることはなかった。

 しかしスティーブン・レヴィは新著『グーグル ネット覇者の真実』(邦訳・阪急コミュニケーションズ)で、そうしたグーグルのブラックボックスの中身を次々と暴いていく。

 レヴィ(ニューズウィーク誌の元テクノロジー記者だ)は、グーグルの社内で初めて「インサイダー」として自由に取材することを許されたジャーナリストだ。本書では、組織内部に深く入り込み、社内の日常的なやり取りや意思決定のプロセスも生々しく描き出すことに成功している。

 たとえば、グーグルが社内で最も有望視されている若手社員を選んで毎年行う研修ツアーにも同行取材を許された。大学を出てまだ間もない若者たちがいかに「グーグルらしさ」を刷り込まれていくか、読者は実際の目撃談を通じて知ることになる。

 2人の若い創業者、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンが優れた頭脳集団を集めて野心的なビジョンを次々に現実のものにしていく様子も臨場感たっぷりに描かれている。

 画期的な検索テクノロジー、検索連動型広告のアドワーズ、「グーグルに裏切られた」とスティーブ・ジョブズを激怒させたアンドロイド、それにユーチューブや巨大データセンターなどの開発秘話をレヴィは内側からの取材で明らかにしていく。

 永遠に頂点に君臨するかに思えたグーグルだが、フェイスブックの台頭で初めて「追う立場」に立たされる。ソーシャルネットワークが爆発的成長を遂げる瞬間に居合わせながらみすみすチャンスを逃した決定的場面も再現される。

 本書はまさにグーグルの全史だ。創業者たちの言葉を読めば、グーグルが何を考え、どうやって機能し、私たちをどこへ導こうとしているのかが、見えてくるはずだ。たとえば......。


2人(ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリン)はこんなふうに言っていた。「確かに資金は必要だよ。だけど,僕らはそういうことに多くの時間を割きたくないんだ。ビジネスプランって何だい?」


「僕らの目標は1回の検索あたりの収益を最大化することではなく、ユーザーエクスペリエンスを最大化することです」と(サーゲイ・)ブリンは言った。
 


「たとえ失敗したとしても、完全に失敗するようなことはない」と(ラリー・)ペイジは言う。必ず何らかの成果を得られるはずだと。「皆それがわかっていないんだ」 


(創業者コンビは)何にでも理由を知りたがった。「なぜ職場におもちゃがないんだ? なぜ軽食やおやつは無料じゃないんだ? なぜ? なぜ? なぜ?」 
 


「2004年に、私はグーグル検索の未来像について尋ねたことがある。「人間の脳の一部になっているだろう」と(ラリー・)ペイジは言った。  
 

 さらに本書は、「グーグルは邪悪になったか」が隠れテーマとなっており、その答えを探すのもまた楽しみともいえる。以下プロローグより抜粋で紹介する。


非公式な社是である「邪悪になるな(Don'Be Evil)」からも明らかなように、グーグルは道徳的に正しくありたいと常に公言してきた。だが同社のテクノロジーがもたらす結果がプライバシーと財産権を侵害する可能性に関しては、完全に盲点になっているようだった。ユーザーに奉仕するために計画していた巨大な人工知能による知識集積活動が、私たちの生活や生き方そのものに予測不可能な結果をもたらすという矛盾が表面化しつつあった。

創業者たちの夢は最初から世界を変えることにあった。だがそういう彼らは何者なのか?彼らが夢見た新世界秩序とはいったいどのようなものなのか。

これらの質問に答える最良の方法は、可能な限り内部から取材することであると私は確信した。製品開発がどのように行われ、成長戦略や外部への露出がどう管理されているかを知るために、グーグルのエンジニアリング、日常的な企業行動、企業文化の中にこれまでよりも深く潜入しようと考えた。

つまり、インサイダーの視点をもったアウトサイダーになるのである。


 SF作家のウィリアム・ギブスンはかつて「未来はすでにここにある。まだ満遍なく普及していないだけだ」と語った。グーグルは、すでにこの未来の実現のために着々と歩を進めている。グーグルを理解することは、私たちのテクノロジーがたどる運命を知ることでもある。

 これは、グーグルの物語だ。本書を読めば、グーグルがどんな仕組みで動き、何を考え、どうして変化し続けるのか、それによって私たち自身がどのように変化していくかが明らかになるだろう。グーグルが魂を失いかけていると疑う人たちは、それを防ぐためにどんな努力が行われているかを知るはずだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米、パレスチナ国家の一方的承認に否定的 直接交渉を

ワールド

指名争い撤退のヘイリー氏、トランプ氏に投票と表明

ビジネス

FRB、ディスインフレ確信も「予想より時間かかる」

ワールド

英総選挙、7月4日に実施 スナク首相が表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結果を発表

  • 2

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 3

    「目を閉じれば雨の音...」テントにたかる「害虫」の大群、キャンパーが撮影した「トラウマ映像」にネット戦慄

  • 4

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 5

    高速鉄道熱に沸くアメリカ、先行する中国を追う──新…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    魔法の薬の「実験体」にされた子供たち...今も解決し…

  • 9

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 10

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 10

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中