最新記事

テクノロジー

グーグルプラスはツイッター・キラー

新しいSNSサービスはツィッターを脅かし、フェースブックを時代遅れにする革新的なサービスだ

2011年9月9日(金)12時43分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

猛スピード 開始後数週間でユーザーが2000万人に達した勢いから見ると、先頭に立つ日も近い? Erin Lubin-Bloomberg News/Getty Images

 過去2年間、グーグルはSNS最大手フェースブックに対抗する新たなSNSサービスを開発しては失敗してきた。だが6月末に立ち上げた新サービス「グーグルプラス」は大成功。利用者が殺到し、一部の推計によると数週間でユーザーが2000万人に達した。

 ところがグーグルがフェースブックに加えた一撃は跳ね返り、間違った標的に当たったらしい。現在、グーグルプラスの最大の被害者はどうやらツイッターのようだ。

 実際、グーグルプラスは、開始から5年たってもまだビジネスモデルの定まらないツイッターにとって致命的な打撃となり得る。グーグルプラスは、ツイッターでできることはすべてできる上に、より良い機能を備えている。第一、140文字というばかげた制限がない。無理をして言葉を短縮しなくてもいいのだ。まさに革命的だ。

 書き込みに対する返事は、その書き込みの下に現れる。実生活で誰かと話をし、相手が答えてくれるのと同じ感覚だ。

 グーグルプラスの最大の特徴は、登録したユーザーを区分できる「サークル」という機能だ。例えば家族と職場の同僚を別々のサークルに分け、自分の投稿を読む相手を制限することができる。

 サークルはコメントを読むときも役に立つ。すべてをごた混ぜに受け取るより、サークルごとのほうが読みやすい。

 ソーシャルメディアに詳しいロバート・スコーブルに言わせると、グーグルプラスに比べたらツイッターは「退屈」で「古臭い」存在だ。

 ソーシャルメディア専門家のダン・ギルモアも、ツイッターで4年かけて獲得した以上のフォロワーが、グーグルプラスでは4週間で付いたと言う。

デザインも機能も格上

 このような熱烈な支持を背景に、グーグルプラスはわずか16日間でユーザー1000万人に達した。ツイッターとフェースブックがそこまで拡大するには2年以上かかった。

 ただし、ツイッターの利用者は現時点で2億人、グーグルプラスの10倍だ。フェースブックの利用者に至っては7億5000万人もいる。

 だが帝国の崩壊は、目に見えないほど小さな穴から始まるもの。最初は小さくとも、サービスの向上と利用者の増加が続けば覇権交代は時間の問題だ。

 ソーシャルメディアの世界では、新しいサービスがもてはやされる。しかし利用者が増え過ぎると陳腐になり、消滅の道をたどる。かつて最先端だったAOLも、今ではAOLのメールアドレスを使っているだけで時代遅れと見なされる。

 マイスペースも、かつては人気絶頂だった。だがフェースブックが流行に敏感な若者のたまり場になると、マイスペースはスラム同然になった。

 現在、フェースブックは高齢者でさえ利用している。加えてスパムメッセージやうるさい広告、陳腐なゲームだらけになって、もう流行の先端とも特別な場所とも感じられない。

 デザインの問題もある。グーグルプラスのすっきりしたデザインに比べ、フェースブックは散漫で醜悪だ。

 もっと大きな問題もある。フェースブックという会社の好感度が低い点だ。昨年の顧客満足度調査によれば、フェースブックの点数は航空会社やケーブルテレビ会社並みだった。

 フェースブックを利用することが、AOLのメールアドレスを使うのと同じくらい時代遅れに見えるようになるのはいつだろう。グーグルからすれば、早ければ早いほどいい。

[2011年8月10日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

フェラーリ初のEV、価格は50万ドル超か=関係筋

ビジネス

ビットコインETF、豪主要取引所ASXで取引開始

ワールド

米エクソンなどのLNG輸出プラント、破綻請負会社の

ビジネス

米国中心に発電事業拡大、世界の生成AI電力需要に貢
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中