最新記事

経済学

ダボスで見つけた経済学の「ウソ」

世界経済フォーラムを取材していた私は、偶然にも効率的市場仮説を反証することができた!

2010年2月1日(月)15時23分
ダニエル・グロス(ビジネス担当)

 今日(1月28日)の午後、ダボス会議のメイン会場であるコングレス・センターに入ろうとしたとき、床に灰色の紙切れが落ちているのに気付いた。どこかの通貨のように見えた。ドルでないことは確かで、スイス・フランか何かだろう。

 かがんで拾おうとしたとき、われに返った。ここは世界経済フォーラムだ。何百人ものエコノミストや、経済学を学んだ何千人ものビジネスパーソンが集まっている。おそらく世界で最も合理的で最も利潤を最大化する人的資源が集中している。効率的な市場を形成するのはこうした人々だ。

 そしてもちろん効率的市場仮説の信奉者は、お金や貯蓄があらぬところで見つかるという概念を信じていない。

 古いジョークがある。2人の経済学者が道を歩いている。1人が「おい、1ドル札が落ちているぞ」と言うと、もう1人がこう言う。「あり得ないね。もし本物なら既に誰かが拾っているはずだ」

 でも私は経済の非合理性を信奉している。その場でかがんで紙を拾った。片面にはエリザベス女王の厳しい表情が、もう片面にはチャールズ・ダーウィンが描いてある。10ポンド紙幣(約16ドル相当)だ。
 
 その紙幣が、ノーベル賞経済学者にも、大企業番付「フォーチュン500社」のCEOにも、経済ジャーナリストにもいたぶられることなく、ただ床に横たわっていたのだ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月