注目のキーワード

経済学

Newsweekアーカイブ『経済学』に関する記事一覧

        
消費者はなぜ愚かなのか
転機の日本経済 小幡 績

消費者はなぜ愚かなのか

<不味くて価格もさして安くないペットボトルのお茶や水が日本ではいつまでも売られているのはなぜなのか─...

2018.06.25
        
物価はどう決まるか 混乱する経済学
転機の日本経済 小幡 績

物価はどう決まるか 混乱する経済学

経済学を一つの原理で表すとしたら何か。 それは、「価格は需要と供給で決まる」ということだ。これ...

2018.06.19
世界の85%が希望の時代、米欧日が不安の時代となった理由
経済超入門

世界の85%が希望の時代、米欧日が不安の時代となった理由

<問題は貿易の不均衡ではなく、希望の不均衡。欧米社会が不安に満ちあふれ、新興国が未来を楽観する新たな...

2017.12.28
TPPは「ルールブック」、崖っぷちでも自由貿易が死なない理由
経済超入門

TPPは「ルールブック」、崖っぷちでも自由貿易が死なない理由

<農作物、車など日本国内でも国民レベルで議論が起きるTPP(環太平洋経済連携協定)だが、これから一体...

2017.12.27
世界を動かすエコノミストたちの成績表、最低評価はあの人...
経済超入門

世界を動かすエコノミストたちの成績表、最低評価はあの人...

<経済学はノーベル賞まで用意される「高貴」な学問だ。経済学者は世界経済に大きな影響力を持つが、政治家...

2017.12.26
経済予測が当たらないのには、確かな理由がある
役に立たない?経済学

経済予測が当たらないのには、確かな理由がある

<ニューズウィーク日本版10月24日発売号(2017年10月31日号)は「役に立たない?経済学」特集...

2017.10.24
今年のノーベル経済学賞と暮らしの関係は?
経済学

今年のノーベル経済学賞と暮らしの関係は?

<今年の受賞者の研究対象は雇用関係や保険関係も含む「契約」なので、ほとんど誰もが当事者になる。ありふ...

2016.10.14
        
AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

AIが招く雇用崩壊にはこう対処すべき。井上智洋著「人工知能と経済の未来」【書評】

<AIの進化による雇用の消滅は否定しようもなく近づいている。経済学者の立場からこの問題に取り組む著者...

2016.07.21
        
日本の経済政策は、なぜ右派と左派でねじれているのか?
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の経済政策は、なぜ右派と左派でねじれているのか?

 前回のエントリ「なぜ日本には『左派勢力の旗手』が出現しないのか?」には多くの反響をいただきました。...

2016.02.09
「ブサイク」は救いようがない、と経済学者は言う(たぶん愛をもって)
BOOKS

「ブサイク」は救いようがない、と経済学者は言う(たぶん愛をもって)

『美貌格差――生まれつき不平等の経済学』(ダニエル・S・ハマーメッシュ著、望月衛訳、東洋経済新報社)...

2015.07.10
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら