最新記事

ジョブズ伝記本が教えてくれないこと

ジョブズ、天才の素顔

暗黒のエネルギーも含め
彼を伝説たらしめたもの

2011.12.15

ニューストピックス

ジョブズ伝記本が教えてくれないこと

興味深いエピソード満載の読み物だが、誰もが知りたい真の人物像に迫ることができなかったのが物足りない

2011年12月15日(木)12時19分
ファハド・マンジュー(スレート誌テクノロジー担当)

 アップルのCEO辞任、さらにその死を受けて、インターネットの世界はスティーブ・ジョブズにまつわる逸話であふれ返った。

 友人や従業員、ライバルたちが語る秘話は「この世のものとは思えぬ天才」ジョブズのイメージをさらに高め、世界を変える製品の開発に心血を注いできたのだから多少の奇行や気性の激しさは許されるべきだと主張するたぐいのものばかりだった。

 例えば初代iPodの開発中に、ヘッドホンのジャックを改良して「はめるときにもっとカチッと鳴るようにしろ」と命令したという話。あるいは早朝にグーグルの上級副社長ビック・グンドトラに電話して、グーグルのiPhoneアプリのアイコンに使われている黄色が気に入らないと文句をつけた話。確かに嫌な奴だが、この程度なら、まあ愛すべき変人と言えなくもない。

 もっといい人だったと思わせる逸話もある。アップル本社の前にいた家族連れから「シャッターを押してくださる?」と頼まれたときは、彼らが自分の正体に気付いていないことを察し、気持ちよく写真を撮ってあげたという。こうした逸話は、ジョブズがそれほど付き合いにくい人間ではなかったことを示しているのかもしれない。

 しかし、実はジョブズは、私たちが思っていたよりもずっとひどい人間だったことが判明した。ウォルター・アイザックソンの書いたジョブズ公認の伝記本『スティーブ・ジョブズ』(邦訳・講談社)には、ジョブズを称賛する話以上に、彼が世界最高クラスの「嫌な奴」だったことを示す逸話が盛り込まれている。

 ジョブズは、人生で関わったすべての人に対して無作法で意地悪で虐待的で、しばしば無関心だった。彼に嫌われた人々は、もろにその被害を受けた。彼に愛された人々は、さらにひどい扱いを受けていた。

肝心なことは語らない

 さすがに、彼も自分の行動の一部については生前から後悔の念を示していた。例えば、非嫡出子として生まれた最初の娘リサを何年も認知しなかったことなどだ。

 アイザックソンは、彼の公私にわたる傲慢な振る舞いを執拗に記述している。これでは長年のファン(私もその1人だ)でさえ、この本に描かれているジョブズを好きになるのは苦労するだろう。

 それでもジョブズは、こうした描写をされても構わなかったのではないか。彼は自分が他人にどう思われようと、気にしていなかった。お気に入りの言い回しは、自分を嫌う人はおそらく「間抜け」か「女々しいクソ野郎」というものだった。

 だが一方で、ジョブズはアイザックソンに対して、自分の子供たちが自分について少しは理解できるような、そして自分が行った選択について説明がなされるような伝記を書いてほしい、とも注文している。

 そしてそこが、この本の奇妙にして期待外れなところだ。アイザックソンはジョブズに40回以上のインタビューを行ったはずだが、その波瀾万丈の人生をじっくり振り返るような話を聞き出せていない。死が間近に迫っていたときでさえ、ジョブズは自分の強さや弱さ、勝利や過ちを静かに振り返る気分になれなかったようだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:スペインで住宅不足深刻、観光ブームも追い

ワールド

焦点:「奇跡」と希望:インド転倒事故で浮き彫りにな

ワールド

北朝鮮、NATO首脳会談での宣言を「最も強く非難」

ワールド

バイデン大統領夫人、パリ五輪開会式に出席へ=ホワイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレスレを通過...カスピ海で漁師が撮影した衝撃シーン
  • 4
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 5
    ロシアがドイツ防衛企業CEO暗殺を企てる...米情報機…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」…
  • 8
    アップルが中国から手を引く理由...iPhone製造の中心…
  • 9
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
  • 10
    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…
  • 1
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった...アン王女の娘婿が語る
  • 4
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 5
    ドネツク州でロシア戦闘車列への大規模攻撃...対戦車…
  • 6
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…
  • 7
    ベルリンの上空に「ミステリーサークル」が現われた…
  • 8
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 9
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 10
    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 3
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 4
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 5
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 6
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 7
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 8
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 9
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中