最新記事

話せる英語のサイエンス

非英語圏のEnglish

シンプルになった世界共通語と
「通じる英語力」の磨き方

2010.11.22

ニューストピックス

話せる英語のサイエンス

英語のコミュニケーションにこんなに苦労するのはなぜ? 最新科学が解き明かすリスニングとスピーキングの秘密

2010年11月22日(月)10時00分
井口景子(東京)、ウィリアム・アンダーヒル(ロンドン)、ジェニファーバレット、ブライアン・ブレーカー(ニューヨーク)

辞書を片手に英文メールを書くことはできても、外国人と英語で会話するのは苦手──多くの日本人がかかえる悩みの「正体」が、言語学や心理学、脳科学の最新研究で明らかになってきた。「聞き取れない・話せない」のハードルを乗り越える効果的な学習法とは?

 近未来を思わせるTOKYOの摩天楼と、新宿・歌舞伎町の猥雑な空気、そしてとびきりクールなカルチャーシーン──大ヒットしたハリウッド映画『ロスト・イン・トランスレーション』は、フジヤマとゲイシャではない日本の「今」を世界に印象づけた。

 ただし一つだけ、21世紀を迎えた今も変わらない「伝統」も描かれている。日本人の英語だ。英語でジョークを言われても、なんの反応も示さない寿司職人。アメリカ人旅行者に向かって、日本語でまくしたてる病院の受付係。カタカナ発音のせいで、まったくかみ合わない会話......。

 「日本人はなぜLとRが苦手なの?」とつぶやく女友達に、ビル・マーレイがあきらめきった表情で言う。「ふざけてるのさ。まちがった発音を楽しみたいんだ」

 残念ながら、ふざけているわけではなさそうだ。学校の英語教育がコミュニケーション重視に変わってから10年以上。英会話スクールにはビジネスマンが殺到し、書店の棚は英語学習のハウツー本であふれている。それなのに、日本人はなぜ相変わらず、英語に手こずっているのか──映画と同じ疑問をいだきながら、英会話のテキストと格闘している日本人は少なくない。

 イギリス南部の町チェルトナムにある語学学校インリンガ・チェルトナムでも、その傾向は顕著だ。入学時のクラス分けテストで「日本人は読み書きではかなりの点数を取る。勤勉でやる気もある」と、指導主任のニック・アーノットは言う。「でもなぜか、上位クラスに入るのに必要なリスニングとスピーキング力が足りない」

 そう言っていられない時代が、すでに訪れている。外資系企業の日本進出が加速し、英語はパソコンと並ぶオフィスの必需品になった。外国のクライアントと英語で直接交渉する必要性も、これまでになく高まっている。

 社会のニーズを反映して、英語検定試験も変わりつつある。英語圏への留学希望者などが受験するTOEFLは、2005年9月に「次世代TOEFL」にモデルチェンジする。文法問題が消え、スピーキングの試験が必須になる予定だ。ビジネスに必要な英語力を測るTOEICも、数年以内にスピーキングと作文のセクションを加える準備を進めている。

 「必要は発明の母」という言葉は、英語の世界にもあてはまるようだ。外国語学習者の切実な悩みをなんとか解決しようと、言語学や心理学、脳科学などの専門家も腰を上げはじめた。日本人特有の要因からすべての大人に共通する問題まで、「聞き取れない・話せない」を生む「病魔」の正体が徐々に明らかにされつつある。

 「癌を根治することはできなくても、科学は多くの病気を治してきた」と、ピッツバーグ大学で第2言語習得を研究するロバート・デカイザー助教授は言う。「外国語も同じだ。大人が外国語を学ぶ手助けをするために、科学者ができることはたくさんある」

 人間が言葉を習得するメカニズムの大半は、まだブラックボックスの中にある。今の段階ではっきりわかっているのは、言葉を使いこなすのは途方もなく高度な情報処理プロセスということだ。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月