注目のキーワード

コラム

Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプは国家非常事態という「妖精」を信じている?(パックン)

<メキシコ国境との壁の建設予算を確保できるように国家非常事態を宣言したトランプ――でも当の本人でさえ現状が「非常事態」とは信じていない> ア

2019.03.08
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

バージニアの止まらない顔面「黒塗り」スキャンダル(パックン)

<バージニア州で知事らトップに相次いで発覚した黒人差別的な顔面「黒塗り」行為の過去> 黒塗り。1年ちょっと前に『ダウンタウンのガキの使いやあ

2019.02.21
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプvs下院議長、政府閉鎖でアメリカは大混乱(パックン)

<年末から政府機関の一部が停止する「政府閉鎖」に陥ったアメリカ。一部の職員には給与が支払われず、ゴミの回収も滞る事態は、いくらトランプでも自

2019.02.07
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

アメリカで何が女性大統領の誕生を阻むのか(パックン)

<中間選挙で民主党からは多くの女性やマイノリティの議員が当選したが、そんな民主党支持者も大統領候補には「白人男性」のバイデンを望んでいる>

2019.01.25
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプ政権、首席補佐官の座はまるで拷問(パックン)

<主要ポストがどんどん辞めるトランプ政権では、首席補佐官の後任がなかなか見つからない。無傷では出られないこのポストは中世の「拷問」と同じ>

2019.01.12
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

ロシア疑惑の黒塗り資料に浮かび上がるトランプの影(パックン)

<事件の背景や詳細を描く資料からは、事件の中心人物としてのトランプの姿が見えてくる> クリスマス前にプレゼント交換が始まった! マイケル・フ

2018.12.21
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

トランプが戦没者墓地を訪問しなかった理由(パックン)

<トランプは人種、性別、民族、宗教、性的指向、ジェンダー、身体的な特徴など国民の「違い」を強調して、分断を深刻化させている> 11月10日、

2018.12.06
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

独裁者っぽさがどんどん増すトランプ(パックン)

<以前から独裁者としての要素を多く持っているトランプだが、中間選挙を経て、民主主義を求める民意に反してさらに独裁的になっている> 彼は社会的

2018.11.22
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

露骨すぎる米共和党の民主党支持者差別(パックン)

<都市部の学生の有権者登録をやりにくくしたり、民主党員が多い地域で投票所を減らしたり、共和党の民主党票「抑制」対策は余りに露骨> 昔のアメリ

2018.11.14
Superpower Satire (USA) パックンの風刺画コラム

危険すぎる米大統領──トランプ警報に対応せよ!(パックン)

<アメリカで10月から導入された緊急警報システム――しかし国民にとって最も危険なのはトップに立つトランプ大統領では⁉> 米連邦緊急事態管理庁

2018.10.26

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中