コラム

イラン司令官が「差し迫った脅威」というトランプのウソ(パックン)

2020年01月31日(金)15時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
イラン司令官が「差し迫った脅威」というトランプのウソ(パックン)

Trump's Imminent Threat Claim / ©2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<自国を脅かす勢力や兵器の事実がなくても、アメリカが信じて疑わなければその猜疑心が世界の脅威になる>

コリン・パウエル米国務長官は2003年2月、「こんな少量の炭疽菌で米上院は閉鎖された」と小さじ1杯ほどの白い粉が入ったガラスの小瓶を手に、1年半前の出来事を振り返った。さらに「数百人が緊急治療を受け、郵便局員2人が死亡した」と言い、「サダム・フセイン(大統領)は2万5000リットルの炭疽菌を製造しているかもしれない」と警告。イラクが化学兵器や核兵器を開発・保有している可能性も挙げた。聞いていた国連安全保障理事会のメンバーはビビッただろう。フセインがどこかに核爆弾を落とすかも! それより、パウエルがそこで炭疽菌の小瓶を落とすかも! と。

でも、大丈夫! フセインもパウエルも炭疽菌を持っていなかった! つまり小瓶の中身も、話の中身も偽りだった!

いや、大丈夫ではない。その翌月、ジョージ・W・ブッシュ大統領は「莫大な保有量」の「数百万人を殺害することができる」という、存在もしない大量破壊兵器(WMD)を口実にイラクに侵略したのだ。

これと似たようなことがまた起こりそうだと、風刺画は指摘する。アメリカが1月初めにイラン革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺した理由として、ドナルド・トランプ大統領やマイク・ポンペオ国務長官はソレイマニが「外交官や軍人への攻撃」「米大使館爆破」「連続攻撃」などを計画していたというimminent threat(差し迫った脅威)を挙げた。WMDと一緒で、先制攻撃を正当化するのに国際法上で有利なものとして、この口実にこだわったと思われる(もしくはツイートでimminentのスペルをeminentと間違えたトランプだし、最近覚えた単語を使ってみたかっただけかもしれない)。

その後、2人の説明が徐々に乱れてきた。ポンぺオは「脅威」について、「具体的な時間や場所は分かっていない」だけではなく、「具体的な情報もない」ことを認めた。トランプは攻撃対象に関して、「4つの大使館だと思う。基地かもしれない。それ以外、いろいろと多くの可能性もある」と、漠然とした推測であることを明かしながら「でも、差し迫っている!」と主張。揚げ句の果てに、「テロリストのソレイマニによる攻撃は差し迫っている! が、そうでなくても問題ない。彼にはひどい過去があるから」と断言。つまり自衛行為ではなく、報復攻撃だったってこと。

イラク戦争では数万~数十万人が死亡したといわれ、数百万人が避難生活を余儀なくされた。経済は数千億ドルの損失を、地域の安定やアメリカの信頼性は図り知れないほどのダメージを食らった。結局、こんな大量破壊をなしたのはWMDではなく、普通の兵器と大統領のウソだ。今も世界にとっての「差し迫った脅威」はそっちのほうではないだろうか。

<本誌2020年2月4日号掲載>

20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

ノルウェー、9日のOPECプラス会合参加を検討 減

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ビジネス

ECB、週間の債券買取額が過去最高 コロナ対応で

ワールド

独、コロナ制限措置の緩和へ行動計画策定 マスク着用

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!