コラム

陪審員は全員ジョニデのファン? 裁判は「気持ち」に左右されてはならない

2022年06月21日(火)17時15分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ジョニー・デップ

©2022 ROGERS–ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<ジョニー・デップと元妻アンバー・ハードの名誉毀損の民事裁判はデップの要請で生中継され、アンバーはボロ負け。セレブの裁判がファンの気持ちや世論が影響されないように注意すべき>

アメリカ国民の目は容赦ない戦いが繰り広げられる悲惨な戦場にクギ付け状態。いや、ウクライナではなく、米バージニアの裁判所のことだ。

俳優ジョニー・デップと元妻で女優のアンバー・ハードがお互いを名誉毀損で訴えた民事裁判が、デップの要請で生中継された。

高視聴率を記録したのは十分理解できる。両者の激しい攻防戦のなか、イーロン・マスクなどのセレブの名前が飛び交ったし、女優エレン・バーキンやケイト・モスは証言者として登場した。とてもセンセーショナルで見応えのあるコンテンツだ。

本来は娯楽ではなく裁判だが、視聴者はだんだん陪審員気分になる。そこで少し不思議な現象が起きた。「相手に家庭内暴力(DV)を振るわれた」と両者は主張したが、調査によるとアンバーよりデップの言い分を信じるアメリカ人が4倍もいたのだ。

なぜだろうか。アンバー側はさまざまな証拠を提示した。打撲や切り傷の写真も。デップが友人に送った「アンバーを焼殺しよう!」「溺死させよう!」などの暴力的なメールも。アンバーがデップから受けた罵詈雑言の録音も。けがを目撃した仕事仲間や友人の証言も。どれもそれなりの説得力はあった。

その上、デップをwife beater(DV夫)とした記事を出したイギリスのタブロイド紙を相手にデップが名誉毀損を訴えた2020年の裁判の判決もある。ロンドンの高等裁判所は記事の内容が「実質的に事実だ」としてデップの訴えを退けた。

証拠も証言も、高裁判決もアンバー側にあるのに、なんで彼女よりデップを信じる人が多かったのか? この風刺画の作者なら、デップのファンであればDV裁判という「作品」でも「主演」の彼を応援するからだと、答えるだろう。

実際の陪審員も結局デップを信じ、アンバーに1500万ドル(約19億5000万円)の賠償金支払いを命じた。客観的な判断だった可能性もあるが、みんな『パイレーツ・オブ・カリビアン』ファンである可能性も否めない。今後のセレブ関連の裁判は、ファンの気持ちや世論が判決に影響しないよう注意すべきだ。

デップ主演の映画がどれも素晴らしいという思い込みにも気を付けよう。『チャーリー・モルデカイ』を見た後、デップが僕に1500万ドル支払うべきだと思ったぐらいだし。

ポイント

I LOVE EVERYTHING JOHNNY DEPP DOES!
ジョニー・デップがやることなら何でも大好き!

WIFEBEATERS OF THE CARIBBEAN
ワイフビーターズ(DV夫)・オブ・カリビアン

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スイスのノバルティス、事業統合で世界で8000人削

ワールド

ロシア大富豪、ウクライナ侵攻を疑問視 「経済的代償

ビジネス

ECBの利回り格差抑制策、詳細公表の是非を議論=関

ビジネス

米ディズニー取締役会、チャペックCEOの契約を3年

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中