コラム

「マスク着用義務に反対!」のため、米共和党の人気議員が放ったトンデモ発言

2021年06月15日(火)19時48分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
共和党のグリーン下院議員(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<共和党の「顔」とも言える人気議員MTGだが、今回だけでなく過去にもひどい問題発言を連発している人物だ>

アメリカンジョークの1つに、人、モノ、事柄などをバカにする「○○? More like(というより)○○!」というテンプレートがある。前半に正式名称、後半にそれをもじったダジャレ的けなし文句。日本語でも使えるかも。現に、「クリントン大統領? More like不倫トン大統領!」が一時期、在日アメリカ人の間ではやった。今なら新型コロナワクチン接種の遅延を受けて「コロナ対策? More likeノロな対策!」とか。ぜひ使ってみていただきたい。大体滑るけど。

風刺画でこのパターンを生かしているのはMTG(マージョリー・テイラー・グリーン下院議員)。「House chamber? More like the gas chamber!(議院室というより、ガス室だね)」と。普段だったら、意外にも許されるジョークだ。厳しく非難されることやドン滑りすることを「殺される」と例えることはよくあるから、議場で演説が滑ったときに使えそう。

だがMTGの場合、そういうわけにはいかない。なぜなら、彼女はテレビ番組で下院でのマスク着用義務を「ナチスドイツでは大勢が金色の星を着けさせられ、列車に乗せられガス室に運ばれた。あれと全く同じ権力乱用だ」と、命を守る予防策と1000万人以上が虐殺されたホロコーストを同列にしてしまった。生放送で緊張して口が滑ったのかな? いや、後日「ユダヤ人も理性さえあれば同意見のはず」と、再度主張している。緊張の問題ではない。

MTGが所属する共和党の幹部は「ガス室」発言を批判したが、それは発言から数日後のこと。罰されもしなかった。実は彼女は党内で集金力も注目度もトップクラスで、党重鎮に負けないほどの全国的な支持率を誇る。まさに共和党の顔だ。しかし、風刺画では共和党の象徴である象の尻のほうに顔が付いている。おそらく、お尻(ass)は「バカ」を意味するからだろう。何? 物知り? More like象の尻! あっ、しつこいか。

MTGの失言や愚行は初めてではない。昨年の選挙中にも過去のSNSの投稿などから、白人至上主義団体への応援、民主党議員を暗殺することへの支持、銃乱射事件に関する虚偽の主張や反ユダヤ主義的陰謀論の流布などなど言語道断な発言がたくさん発覚した。それでも党内の予備選挙を勝ち抜き、本選挙で75%もの得票率で連邦議員に選ばれた。問題行為がむしろ人気の源となる「トランプ現象」は共和党で平常化しているようだ。MTG? More like OMG!(オー・マイ・ゴッド!)

ポイント

THE NEW FACE OF THE REPUBLICAN PARTY
共和党の新しい顔

金色の星
ナチスドイツが支配地域や強制収容所で人々の識別に用いたバッジのうち、ユダヤ人に着けさせたもの。ユダヤの象徴であるダビデの星の形で、黄色い星と呼ばれることも多い。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中