コラム

大学「替え玉入学」で人生を盗まれた中国下層階級の悲劇

2020年07月16日(木)19時15分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
大学「替え玉入学」で人生を盗まれた中国下層階級の悲劇

A Stolen Life / (c)2020 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<「特権社会」の中国で庶民が運命を変える唯一の機会であり、最も平等・公平な競争と考えられていた全国統一大学入試でまさかの不正>

香港国家安全維持法が世界で最も注目されていた7月初め、中国国内で最も関心を集めていたのは山東省の替え玉入学事件だ。

2004年、山東省冠県の女子高校生・陳春秀(チェン・チュンシウ)は大学入学試験を受けた。貧しい農家出身で、家には電話もない。だが、勤勉な彼女は成績優秀で、大学に合格して運命を変えると信じ、家族みんなの期待も集めていた。

しかし大学受験は失敗。それから16年間、彼女はずっと自分の勉強不足を責めてきた。貧しさのため勉強を続ける費用がなく、あちこちで出稼ぎを続けた。36歳を過ぎ、現在は幼稚園の教師をしている彼女は最近、社会人向けの大学通信教育を受けようと、ネットで入学申し込みをした。すると、何と自分が既に16年前に現役で山東理工大学に合格し、大学生活を過ごして卒業していたことを知った。自分は大学に落ちたのではなく、誰かが代わりに「替え玉入学」していたのだ。

この事件を伝える記事は中国全土を仰天させた。「特権社会」の中国で庶民が運命を変える唯一の機会は「高考」と呼ばれる全国統一大学入試。以前カンニングや替え玉受験が横行したが、政府が厳しい対策を取り、この国で最も平等・公平な競争は高考よりほかにないと、誰も疑うことはなかったからだ。

その後調査が進み、広東省の南方都市報は2018~19年の2年間だけでも山東省で替え玉入学事件が242件あり、全国的にはこれも氷山の一角だろうと報じた。替え玉を成功させるためには、学校の在籍証明書や戸籍など身分を証明できる公的機関発行の文書が不可欠。陳春秀の場合も、合格通知書や在学証明書が誰かに勝手に持ち出され、ニセ陳春秀に使われていた。地方政府や教育機関に汚職が広がり、巨大な利権構造になっているのは明白だ。

ただし、彼女のようなカネも後ろ盾もない農家の娘の運命は、たとえ大学に入学できたとしてもそれほど変わらない。ニセ陳春秀は、地元の小さな役所の公務員になっていた。替え玉入学は中国社会の下層階級のゲームでしかない、本当の特権階級なら替え玉など使わず、直接世界一流の大学に留学したのではないか──と、ある中国人ジャーナリストは言った。

【ポイント】
高考 正式名称は「普通高等学校招生全国統一考試」。通称・高考(ガオカオ)。例年6月初めに行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で7月初めに実施。1071万人が受験した。

ニセ陳春秀 本名は陳艶萍(チェン・イエンピン)。陳春秀と同じ試験を受けたが成績が悪く、父がブローカーに2000元(3万円)を払って替え玉入学。その後停職処分になり、学籍も取り消された。

<本誌2020年7月21日号掲載>

20200721issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

ベトナムでコロナ感染再拡大、中部ダナンの4工場で感

ビジネス

在宅勤務拡大による不動産への影響注視=西村再生相

ビジネス

GoToやマスク支出は無駄、他の使途が有効=原田・

ビジネス

英HSBC、上期は税引き前利益が65%減少 引当金

MAGAZINE

特集:ルポ新宿歌舞伎町 「夜の街」のリアル

2020-8・ 4号(7/28発売)

コロナでやり玉に挙がるホストクラブやバーの店主 彼らは本当に「けしからん」存在なのか

人気ランキング

  • 1

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方

  • 2

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪に加わった可能性が...

  • 3

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止まらない

  • 4

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 5

    日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由…

  • 6

    トランプのツイッターで急浮上 米大統領選「悪夢の…

  • 7

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 8

    米中関係どん底へ バイデン大統領が誕生なら改善す…

  • 9

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 10

    東京都、31日のコロナ感染463人で過去最多更新 小池…

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    これは何? 巨大な黒い流体が流れる様子がとらえら…

  • 5

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 6

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 7

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 8

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 9

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 10

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!