コラム

中国人も怒る世界初の遺伝子編集ベビー

2018年12月14日(金)17時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
中国人も怒る世界初の遺伝子編集ベビー

China's Morality Battle (c) 2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<世界初の遺伝子編集ベビーの誕生が世界を驚かせたが、中国では国内格差への不満が世論の怒りに拍車をかけた>

残り1カ月を切った2018年に世界の人々を最もびっくりさせたニュースは、遺伝子編集された赤ちゃんが中国で生まれたことだろう。世界初、しかも双子の遺伝子編集ベビーが誕生した。

真っ先に報道した官製メディア人民網の最初の記事は、「エイズウイルスに感染しない世界初のゲノム編集赤ちゃんが中国で誕生した」という「自慢話」だった。このとき、彼らはその後の世論の反発と人民の怒りを全く予想していなかった。

最初にこのニュースを耳にしたとき、中国のネットユーザーたちは「また嘘記事だ」と信じなかった。だが本当だと分かると、人々の怒りと恐怖でネットは炎上した。「怖過ぎ! 冗談? 人類の倫理のレッドラインを越えた! 中国の誇りではなく恥だ!」「この出来事は中国が科学の一番進んだ国なのではなく、一番図々しい国だと証明した!」

中国人の愛国心は有名だ。特にこの数年間の経済発展や生活水準の向上に強い誇りを持っている。ただし、今回だけはみんな口をそろえて非難している。とても珍しく不思議な光景だ。

なぜ中国国内でも批判の声が大きいのか。悪者がゲノム編集技術を利用して人類を破滅させる、というストーリーのSF映画や小説の影響も大きいかもしれない。でも、最も現実的な理由は次の2つだと考えられる。

1つは、今回の遺伝子編集の中心は中国政府ではなく民間であること。今、ちょうど中国政府は民間企業を「リストラ」している最中で、民間への怒りは検閲でネット上から抹殺されない。むしろ政府の思う壺かもしれない。

もう1つ理由を挙げるなら、やはり中国国内の格差だろう。中国は古くから特権社会だ。権力を握る者は普通の人々に配慮せず、自己の利益を拡大しようとする。もし独裁者がこの技術を利用して「スーパー人間」を生み、普通の人より長生きして権力を握り続けたらどうなるのか。

決して妄想ではない。古い中国の歴史の中で、始皇帝のように不老不死の薬を求める独裁者はたくさんいた。今回はこの不老不死につながり得る技術が実際の人間に使われたのだ。庶民の怒りは民間だけに向いているのではない。

【ポイント】
基因编辑定制宝宝、智慧型、均衡型、健壮型

それぞれ「遺伝子編集カスタマイズベビー」「頭脳型」「バランス型」「肉体型」

遺伝子編集ベビー
深圳にある南方科技大学の賀建奎(ホー・チエンコイ)准教授が、大学外の病院でエイズウイルスに感染しないよう遺伝子を改変した受精卵から双子の赤ちゃんを誕生させた。賀はその後、大学当局に軟禁されたと伝えられている

<本誌2018年12月18日号掲載>


※12月18日号(12月11日発売)は「間違いだらけのAI論」特集。AI信奉者が陥るソロー・パラドックスの罠とは何か。私たちは過大評価と盲信で人工知能の「爆発点」を見失っていないか。「期待」と「現実」の間にミスマッチはないか。来るべきAI格差社会を生き残るための知恵をレポートする。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
中国出身、作家、コラムニスト。ホテル管理、国際貿易などの仕事を務めたのち、98年に日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、個人的な視点で日本の生活や教育、文化を批判、紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

米政治リスク、中銀の経済的懸念として浮上=UBS調

ワールド

米下院議長、コロナ対策巡り財務長官と協議 週内合意

ワールド

英国とカナダ、ベラルーシ大統領らに制裁 西側諸国で

ビジネス

世界の航空旅客予測引き下げ、今年は66%減に=IA

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「あ…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!