コラム

「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

2018年07月20日(金)14時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

(c)2018 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<必死の日本チームがアジアサッカーの尊厳を守ってくれた――中国人のそんな感動の裏には中国サッカーへの残念な気持ちが含まれている>

「ありがとう! 日本チーム」

いつもは反日の政府系タブロイド紙、環球時報にまで、サッカー・ワールドカップで活躍した日本をたたえる記事が転載された。「さすが日本!」「日本こそアジアの光!」「やっぱり日本が大好き!」──SNSにもこんな投稿があふれた。投稿者はもちろん中国人のネットユーザーたち。

決勝トーナメントで日本はベルギーに敗れたが、「日本隊値得尊敬(日本代表を尊敬すべき)」という言葉は、SNS新浪微博(シンランウェイボー)のトレンドトピックのトップ5に入った。

不思議なことだ。ついこの間まで誰かが「日本が好き」と言ったら、すぐに「中国人のくず、恥知らずの精日(精神的日本人)」と罵倒されたのに。なぜW杯が始まって以来、みんなが口をそろえて日本賛美を始めたのか。

「1万種類の戦術を持つチームなど怖くない。1種類の戦術を1万回練習したチームこそが怖い」と、中国メディアは語った。日本のFIFAランキングは61位、相手は3位のベルギーだ。1種類の戦術を1万回練習したチームは日本よりほかにないことを、日本・ベルギー戦で中国人たちは知った。体力と身長は欧米に負けても、精神と根性は誰よりも強かった。必死の日本チームこそアジアサッカーの尊厳を守ってくれた。

その感動の裏には、中国人の残念な気持ちが含まれている。同じアジア人なのに、なぜ中国のサッカーは駄目なのか。中国人はサッカーを愛していないのか。

「そのとおりだ。中国人は本当はサッカーを深く愛していなかった。愛は魂の中から生まれるから」。ある中国人サッカーファンの父親は、アルゼンチンが負けたのを見て大泣きしたメッシファンの娘にこう言った。表面のカッコいい部分だけ好きになっても駄目だ。誰も拍手してくれないところで、1つの戦術を1万回根気強く練習することこそサッカーへの真の愛。いつか中国人がこの真の愛を持てば中国サッカーも強くなる。

「中国サッカーが日本みたいになれるのなら、私たちも日本人サッカーファンみたいに喜んで競技場へごみを拾いに行くわよ!」。微博で中国人サッカーファンはこう投稿した。「でも、今の中国サッカーはごみそのものだからさ!」

【ポイント】
精神的日本人

精神的に自分たちを日本人と同一視する中国人。中国を軽蔑し、日本軍のコスプレなど中国人の嫌がることをする

可燃垃圾/钓鱼岛是中国的/打倒小日本/干死日本
それぞれ「可燃ごみ」「釣魚島(尖閣諸島)は中国のものだ」「日本野郎を打倒せよ」「日本死ね」

<本誌2018年7月24日号掲載>

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

英とEU、離脱協定案修正で合意 英議会可決は不透明

ビジネス

米鉱工業生産、9月は製造業0.5%低下 GMストが

ビジネス

20年の独GDP成長率見通し、1.0%に引き下げ=

ワールド

英EU離脱巡る不透明性解消、世界経済に恩恵=世銀総

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!