コラム

43歳でスーパーボウルを制したブレイディに学ぶリーダーシップ

2021年02月17日(水)10時45分
43歳でスーパーボウルを制したブレイディに学ぶリーダーシップ

どの「チーム」よりも多くのスーパーボウル優勝を成し遂げたブレイディ BRIAN SNYDERーREUTERS

<ベテラン選手として見せた司令塔の心得はアメフトやスポーツの世界にとどまらない>

トム・ブレイディを「勝者の中の勝者」と呼んでもいいだろう。

2月7日、NFL(米プロフットボール)の年間王者決定戦「スーパーボウル」でタンパベイ・バッカニアーズがカンザスシティー・チーフスを破り、ブレイディは前季まで在籍したニューイングランド・ペイトリオッツ時代と合わせて7度目の栄冠に輝いた。7度の優勝は、NFLのどのチームよりも多い。来年、8度目の優勝を果たせば、子供時代の憧れであるジョー・モンタナの2倍の優勝回数を記録することになる。

ブレイディを「数々の逆境をはねのけた男」として描くこともできる。バッカニアーズのクオーターバック(QB)として、世界屈指のQBであるドリュー・ブリーズ、アーロン・ロジャース、パトリック・マホームズが率いるチームを立て続けに破り、ポストシーズンに精彩を欠いていたバッカニアーズを優勝に導いたのだ。

ブレイディを「超人」と位置付けることもできる。43歳のQBがスーパーボウルを制したのは史上最高齢だ(それまでの最高齢記録もブレイディが持っていた)。昨シーズンまでの70年間にNFLで43歳のQBが成功させたタッチダウンパス(TDパス)は合計21回だったが、ブレイディは今シーズン、1人で40回成功させた。

ブレイディの偉業からは、スポーツの世界に限定されないリーダーシップの教訓を引き出すことができる。

1.何歳になっても学び続けよ。ブレイディはペイトリオッツにとどまってもっと優勝を重ねることも目指せたが、不振にあえぐバッカニアーズに移籍する道を選び、新しいチーム文化と戦略を積極的に学んだ。ブレイディが年を重ねて逆に若返っているように見えるのは、新しいものごとを学ぶことに貪欲だからだ。

2. 勤勉は才能に勝る。NFLドラフトのブレイディの指名順位は199位。屈強でもなく、スピードがあるわけでもなかったからだ。QBとしてレギュラーを獲得するとは、誰も予想していなかった。しかし、徹底した食事管理、独特なストレッチ、シーズンオフの自主トレなど、勤勉に努力を重ねることにより、史上最高のQBと呼ばれるまでになったのだ。

3. 世間の評価に関係なく、信用すべき人を信じる。ブレイディは、今年のスーパーボウルで3つのTDパスを成功させた。パスの相手は、全て昔のチームメイトだった。2つのタッチダウンを決めたロブ・グロンコウスキーは、2年前にけがで引退したが、ブレイディと一緒に戦うために現役復帰した。最後のタッチダウンを決めたアントニオ・ブラウンは、度重なるスキャンダルが原因で所属チームが決まらずにいた選手だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

円は「最弱通貨」維持か、米金利動向が鍵=来週の外為

ワールド

世銀、ミャンマーへの資金拠出を停止 事態を注視

ビジネス

午後3時のドル106円前半、米長期金利変動で振れる

ワールド

緊急事態宣言、6府県先行で「条件付き解除」=西村再

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!