コラム

43歳でスーパーボウルを制したブレイディに学ぶリーダーシップ

2021年02月17日(水)10時45分

どの「チーム」よりも多くのスーパーボウル優勝を成し遂げたブレイディ BRIAN SNYDERーREUTERS

<ベテラン選手として見せた司令塔の心得はアメフトやスポーツの世界にとどまらない>

トム・ブレイディを「勝者の中の勝者」と呼んでもいいだろう。

2月7日、NFL(米プロフットボール)の年間王者決定戦「スーパーボウル」でタンパベイ・バッカニアーズがカンザスシティー・チーフスを破り、ブレイディは前季まで在籍したニューイングランド・ペイトリオッツ時代と合わせて7度目の栄冠に輝いた。7度の優勝は、NFLのどのチームよりも多い。来年、8度目の優勝を果たせば、子供時代の憧れであるジョー・モンタナの2倍の優勝回数を記録することになる。

ブレイディを「数々の逆境をはねのけた男」として描くこともできる。バッカニアーズのクオーターバック(QB)として、世界屈指のQBであるドリュー・ブリーズ、アーロン・ロジャース、パトリック・マホームズが率いるチームを立て続けに破り、ポストシーズンに精彩を欠いていたバッカニアーズを優勝に導いたのだ。

ブレイディを「超人」と位置付けることもできる。43歳のQBがスーパーボウルを制したのは史上最高齢だ(それまでの最高齢記録もブレイディが持っていた)。昨シーズンまでの70年間にNFLで43歳のQBが成功させたタッチダウンパス(TDパス)は合計21回だったが、ブレイディは今シーズン、1人で40回成功させた。

ブレイディの偉業からは、スポーツの世界に限定されないリーダーシップの教訓を引き出すことができる。

1.何歳になっても学び続けよ。ブレイディはペイトリオッツにとどまってもっと優勝を重ねることも目指せたが、不振にあえぐバッカニアーズに移籍する道を選び、新しいチーム文化と戦略を積極的に学んだ。ブレイディが年を重ねて逆に若返っているように見えるのは、新しいものごとを学ぶことに貪欲だからだ。

2. 勤勉は才能に勝る。NFLドラフトのブレイディの指名順位は199位。屈強でもなく、スピードがあるわけでもなかったからだ。QBとしてレギュラーを獲得するとは、誰も予想していなかった。しかし、徹底した食事管理、独特なストレッチ、シーズンオフの自主トレなど、勤勉に努力を重ねることにより、史上最高のQBと呼ばれるまでになったのだ。

3. 世間の評価に関係なく、信用すべき人を信じる。ブレイディは、今年のスーパーボウルで3つのTDパスを成功させた。パスの相手は、全て昔のチームメイトだった。2つのタッチダウンを決めたロブ・グロンコウスキーは、2年前にけがで引退したが、ブレイディと一緒に戦うために現役復帰した。最後のタッチダウンを決めたアントニオ・ブラウンは、度重なるスキャンダルが原因で所属チームが決まらずにいた選手だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

フィリピンCPI、7月は7カ月ぶり低い伸び コロナ

ビジネス

米自動車大手、30年までに新車のEV比率最大50%

ビジネス

午前の日経平均は反発、連日の好決算発表が株価下支え

ビジネス

米CVSヘルス、22年収益目標を若干修正 株価下落

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘルツのクジラ」の謎

  • 4

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 5

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 6

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    自宅療養で人々を見殺しにすると決めた菅首相

  • 9

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれて…

  • 10

    仮説上の天体『テイア』の遺物が地球深部に存在する…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 8

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 9

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中