コラム

醜悪な討論会の「勝者」は誰か、トランプ感染は大統領選をどう変えるか

2020年10月05日(月)16時00分
醜悪な討論会の「勝者」は誰か、トランプ感染は大統領選をどう変えるか

9月29日に行われたトランプ(左)とバイデンの第1回のテレビ討論会は見るに堪えない醜悪な内容に KEVIN DIETSCH-UPI-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<不謹慎で下品な発言に終始したトランプと、現職大統領をひたすら罵倒するバイデン。第1回大統領選討論会での泥仕合は「史上最悪」と評されたが、再度の崩壊は避けられる可能性も>

私は生まれたばかりの娘を腕に抱いて大統領選討論会を見た。わが娘のアメリカ市民としての最初の時間が下劣な見せ物に汚されないように、彼女の耳を覆った状態で──。

ドナルド・トランプ大統領とジョー・バイデン前副大統領の討論はひどく有害かつ無益なものだった。私は、自分が娘に対するある種の虐待に加担しているのではないかと心配になったほどだ。

バイデンは亡き息子の米軍入隊を称賛し、息子は決して「負け犬」ではなかったと主張することで、米軍を熱烈に擁護しようとした(報道によれば、トランプは米軍兵士を「まぬけ」「負け犬」呼ばわりしたらしい)。

これに対し、現職の米大統領はバイデンの発言にかぶせる形で、存命中の別の息子を麻薬中毒者と呼んで中傷した。

さらに討論会の序盤、トランプは新型コロナウイルスの感染を警戒する77歳のバイデンに対し、特大マスクを着け、他の人々から「200フィート(約60メートル)」離れて立つと言って嘲笑した。トランプの底意地の悪さに加え、ひどい無能さを浮き彫りにした瞬間だった。48時間後、自分とメラニア夫人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たとツイッターで明かしたときと同じように。

トランプのウイルス感染が明らかになった今、アメリカは1981年のロナルド・レーガン大統領暗殺未遂事件以来、最も深刻な大統領の健康問題に起因する国家安全保障上の混乱に直面しようとしている。トランプの肥満度と74歳という年齢から、感染で死亡する可能性は11%以上あると示唆する研究もある。

ほんの数年前、アメリカは感染症の流行に最も強い国と思われていた。それが今、新型コロナウイルスへの対処で最悪の結果を招いただけでなく、現職大統領がコロナウイルスの脅威を真剣に受け止める別の政治家を公然と嘲笑した揚げ句、わずか数日後に自身がウイルスに感染したのだ。

アメリカの衰退をここまで的確に象徴する物語を思い付くことは、小説でも無理だろう。第1回の大統領選討論会は「史上最悪」と評され、多くの政治関係者はこれ以上の国家的恥辱を回避するため、残る2回の討論会の中止を公然と働き掛けている。

中国を利する展開に

トランプのコロナウイルス感染は、この惨憺たる討論会にふさわしい余波的エピソードだった。それ以外に語るべきことがあるとすれば、次のとおりだ。

まず、勝ったのは誰か。明白な勝者は中国だ。90分間の討論会はほぼ口げんかの応酬に終始した。暴走したトランプは、両方の陣営が合意したルールを全く守らなかった。ほぼ全ての場面でバイデンの発言をさえぎり、大声で自分の主張をかぶせた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

米財務長官と下院議長、追加対策巡り「相違調整」 2

ワールド

米大統領選、激戦州フロリダで期日前投票開始 支持率

ビジネス

米株下落、ダウ410ドル安 コロナ経済対策巡る不透

ビジネス

ドル小幅安、追加刺激策協議を慎重ながらも楽観=NY

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!