コラム

ついに復活、大本命バイデンの「内なる敵」は若者たち?

2020年03月12日(木)17時30分
ついに復活、大本命バイデンの「内なる敵」は若者たち?

3月3日のスーパーチューズデーで、大票田カリフォルニア州では勝利を逃したが…… MIKE BLAKE-REUTERS

<大逆転で勢いに乗るバイデンだが、若者の反乱に足をすくわれたらトランプに勝てない>

ジョー・バイデンは地獄を見た男だ。絶望の淵からはい上がった男だ。

30代になったばかりで上院議員に初当選したのは上出来だったが、悲惨な交通事故で妻と娘を失い、幼い息子2人も瀕死の重傷。若きバイデンは毎日、地元デラウェア州から列車でワシントンの議会に通った。どんな不幸にも不遇にも負けない不屈の精神は、このとき培われた。

1988年の大統領選で初めて民主党の予備選に挑み、早々に敗退した後には脳卒中で倒れ、危篤に陥ったのでカトリックの司祭が呼ばれた。それでも彼は踏みとどまり、議席を守り、やがて上院民主党の重鎮となった。

しかしオバマ政権の副大統領時代に長男を脳腫瘍で失うという悲運に見舞われた。オバマ後継の座を争わなかったのは、この時の喪失感があまりに大きかったからとされる。

そして今年。バイデンは2月11日のニューハンプシャー州予備選で5位に沈んだ。38歳の国政未経験者と高齢の自称社会主義者には遠く及ばず、2人の女性上院議員の後塵も拝した。

もうバイデンの政治生命は尽きたと、誰もが思った。が、やすやすと死を受け入れる男ではない。あれから3週間、気が付けばバイデンは民主党大統領候補争いの先頭を走っている。

3月3日のスーパーチューズデーを終えた段階で、バイデンの獲得代議員数は自称社会主義者のバーニー・サンダース上院議員を大きく上回る。他の中道派候補が撤退したので、もはやバイデンの優位は揺るがないのだが、本選挙で現職ドナルド・トランプを破るにはいくつもの関門が残っている。例えば......。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

欧州、20年は深刻な景気後退に 来年の回復も限定的

ビジネス

ECB、新型コロナ対策の緊急債券購入策を拡充 金利

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決 中国による統制懸念強ま

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!