コラム

トランプが国勢調査の質問に国籍を追加したかった理由

2019年07月24日(水)18時00分
トランプが国勢調査の質問に国籍を追加したかった理由

ワシントンの連邦最高裁前で国勢調査の質問追加に抗議する人々 Carlos Barria-REUTERS

<市民権の有無についての質問が移民を怯えさせ、人口が実際より少なく出れば選挙で自分が有利になれる>

アメリカでは10年ごとに国内の全人口を集計し、年齢や性別、人種などの基礎データを調べる国勢調査の実施が憲法で義務付けられている。

下院の議席数は各州の人口、つまりこの国勢調査の結果に基づいて配分される。間接選挙の大統領選挙でも、投票権を持つ選挙人の州ごとの割り当ては下院の議席数で決まるため、国勢調査が重要な意味を持つ。

さらに国勢調査のデータは、連邦予算の州ごとの配分や割り当てにも使用される。つまり、国勢調査は政府の在り方に極めて大きな影響を与えるのだ。

数カ月前から、その国勢調査が激しい政治対立のテーマになった。理由は、トランプ政権が20年の国勢調査に市民権(国籍)の有無を問う質問を加えようとしたことだ。

質問追加の論拠は、(1)投票権を持つ住民の人数を把握する必要がある、(2)差別を禁じた投票権法をしっかりと施行することにより、人種的・民族的少数派の投票権を守る、の2点だ。

この試みは一大論争を巻き起こした。市民権についての質問追加は、共和・民主のどちらが下院の多数派を握るか(そして大統領選でどららが有利になるか)だけでなく、移民問題にも間違いなく影響を与えるはずだ。

再選狙いの意図的戦略

反対派の主張は次の2点だ。(1)質問を追加する理由はただ1つ、非合法移民など多くの「非市民」を怯えさせ、調査に参加させないようにすること。その結果、特に移民の多い州では人口が少なくとも数百万単位で実際より少なく集計され、下院選挙区の区割り変更が、移民の支持者が多い民主党に不利な(つまり共和党に有利な)形で線引きされることになる。

(2)トランプ政権が口にする投票権法うんぬんの主張は全く無意味だ。投票年齢の市民の人口については、もっと正確な推定が既にある。

国勢調査を所管する商務省のロス長官は18年3月、国勢調査局の専門家の圧倒的多数の意見を無視する形で、市民権に関する質問を国勢調査に加える方針を承認した。反対派はこの決定に訴訟で対抗し、最終的に米連邦最高裁に持ち込まれた。

そして6月27日、最高裁は多数決により、トランプ政権は質問追加の理由を十分に説明していないとの結論に達した。追加の理由は「不自然」で「弁解めいている」と、ジョン・ロバーツ首席判事は述べている。

トランプ大統領は7月11日、20年の国勢調査に市民権の質問を追加することを断念。代わりに政府各省に対し、市民権のデータを商務省に提供するよう命じる大統領令を発令した。

いわゆる「共和党州」の下院議席を増やそうとしたトランプと共和党は手痛い敗北を喫したように見える。だが実際に市民権の質問が国勢調査に追加されなくても、トランプと共和党は既に利益を得ている。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

米雇用の伸び鈍化「一過性」、再開の複雑性反映=シカ

ビジネス

英、イングランドのコロナ抑制緩和へ 店内飲食など再

ビジネス

「金もうけが目的」、米パイプライン攻撃のハッカー集

ワールド

インド型コロナ、世界的に懸念される変異株に指定 4

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中