コラム

強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

2018年12月03日(月)18時00分
強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

工場閉鎖や人員削減の計画を打ち出したゴーン(99年) REUTERS

<後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。ゴーンは権力を独り占めし、次世代のリーダーを育てなかった>

「超大物」「巨人」「レジェンド」──日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は、そんな形容がぴったりの人物だった。1999年以来、日産の経営を指揮して業績のV字回復を成し遂げ、今では、日産、仏ルノー、三菱自動車の「3社連合」を束ねる存在になっていた。

そのカリスマ経営者が11月19日、有価証券報告書に自らの役員報酬を過少に記載した疑いで逮捕された。突然のニュースに多くの人は衝撃を受けた。

フォーチュン・グローバル500に名を連ねる2つの企業のトップを同時に務めた史上初の経営者で、半生が漫画にまでなった人物が、どうして不名誉な容疑を掛けられるに至ったのか。なぜ、世界を股に掛けていた男が自らの報酬額を偽らなくてはならなかったのか。

メディアや評論家が関心を示すのは、容疑を裏付ける証拠があるのかという点と、3社連合への影響力をめぐり日仏の関係がどうなるのかという点だろう。

ここでは、少し違う角度からこのニュースを考えてみたい。ドナルド・トランプ米大統領の問題点が相次いで明らかになったのは、2016年の大統領選で「トランプは絶対駄目だ」と主張していた人たちの予言どおりだった。同じように、ビジネス界で後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。現時点でゴーンが法を犯したとは断定できないが、これまでの言動の中に危うい兆候が既に見えていたのかもしれない。

ゴーンは、周りは敵ばかりだという危険な発想に陥っていたように見える。その種の思考をするようになると、怒りの感情に突き動かされて会社を私物化することを正当化しがちになる。その上、会社の未来にとって重要な行動も取れなくなる。

偉大なリーダーの条件

ゴーンは2012年にコンサルティング大手マッキンゼーのインタビューに応じた際、こんなことを述べている。「99年に日本でやったことをいま実行できるとはとうてい思えない。当時、私はこう訴えた。『年功序列制を廃止する。工場を閉鎖し、人員削減を行う。系列を解体する』。ずいぶん批判も浴びた。それでも、『ゴーンを信じてみようじゃないか』と言う人もいた。いま私が同じことをしようとすれば、命がないだろう」

あまりに強い被害者意識と過剰な自尊心が透けて見える発言だ。同時に、この言葉はゴーンの経営者としての大きな過ちを予見させるものでもあった。その過ちとは、部下にリーダーシップの振るい方を教えず、後継者の育成を拒んだことだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!