コラム

歴史的な米朝首脳会談が迷走した本当の理由

2018年06月09日(土)13時30分
歴史的な米朝首脳会談が迷走した本当の理由

会談中止を告げる書簡は政権内の「プロ」の権限強化につながっている Drew Angerer/GETTY IMAGES

<北朝鮮の若造にコケにされてはたまらない――トランプ「外交ショー」がドタキャン寸前になったのはトランプ本人の準備不足ゆえ?>

米朝首脳会談はいつ開催されるのか? 史上最も大げさな大統領が率いる政権にしては、トランプ政権の高官らの反応は意外なほど正直で控えめだった。

5月31日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の右腕とされる人物との会談を終えたマイク・ポンペオ国務長官は、記者の質問に次のように答えた。「明日結論が出るわけではないが、過去72時間で実質的な進展があり、米朝首脳会談の開催条件を決める方向に向かっている。トランプ大統領と金委員長の会談によって実質的な進展が期待できる方向に向かっている」

ポンペオは陸軍士官学校を首席で卒業し、ハーバード大学法科大学院を優等で修了。聡明で有能な交渉役として、トランプと金の応酬に付きまとう混乱について、示唆に富む心理的洞察を提供した。

米朝首脳会談の記念硬貨を先走って売り出し、「ノーベル賞」とはやし立てられた大統領に率いられている政権が、どうしたら予定していた会談をあんなふうにキャンセルできるのか。自分の能力不足も敗北も認められない高慢な男が、どうして何週間も首脳会談の成功を大っぴらに豪語していながら、金宛てに会談中止を告げる書簡をしたためることができたのか。ポンペオの発言が全てを物語っている。

過去10年間で最も待望された地政学的サミットを中止に追い込む要因として、評論家のほとんどは対北朝鮮強硬派のポンペオや超タカ派のジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の影響力に焦点を当てているが、本当の原因ははるかに単純で心理的だ。要するにトランプは準備ができていなかったのだ。

自分の面目が何より大事

ポンペオの発言はトランプと金の双方の準備が確実に整う必要があると指摘しているが、ポンペオの役目はシンガポールで対決したときにトランプが確実に北朝鮮の若き指導者をたたきのめせるようにすることだ。会談の条件が自分に有利ではなかったため、トランプは二の足を踏んだ。歴史を振り返っても、公の場でのパフォーマンスやメディア事情にトランプほど精通している人物はほとんどいない。このままではコケにされると直観的に悟ったのだ。

功績を上げた人物や英雄とたたえられた人物(共和党のジョン・マケイン上院議員やバラク・オバマ前大統領など)をトランプが攻撃するのは、実は気弱さの裏返しだ。全世界が注視するなか、トランプはプライムタイムのニュースに登場する準備ができていないと政権関係者が噂していることを聞き付けたのかもしれない。最初の妻との間に儲けた次男と同じ年頃の若造との対決に敗れたりしたら、トランプの面目は丸つぶれというわけだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 2

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 3

    ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

  • 4

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 5

    米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

  • 6

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!