コラム

クルド民族運動指導者タラバーニの死

2017年10月06日(金)15時45分
クルド民族運動指導者タラバーニの死

イラク戦争後に制定された憲法で初めてのイラク大統領となったタラバーニ Ali Al-Saadi/REUTERS

<クルド人の民族運動を長らくひきいてきた愛国連盟のタラバーニ氏が死去した。クルドの二大政党は歴史的に、アメリカやイラク政府との駆け引きのために対立と共闘を繰り返してきた>

10月3日、イラクのクルド民族運動を長く牽引してきたジャラール・タラバーニ氏が逝去した。83歳。十年前に心臓を患って以降治療が続けられてきたが、5年前に脳卒中を起こしてからは、いつまで持つかと言われてきた。

イラク戦争後、新たに制定された憲法のもとで初めてイラクの大統領となったのが、タラバーニだった。同じクルド民族運動の雄、マスウード・バルザーニ率いるクルディスタン民主党(KDP)と並んで、クルド政界を二分してきたクルディスタン愛国連盟(PUK)の創立者であり、死ぬまで指導的地位にいた。それゆえに、欧米の追悼の記事には「イラク統一に欠かせない政治家」、「中央政府とクルドの仲介役として惜しまれる死」といった表現が並ぶ。

クルド独立の可否を問う住民投票を実施した9月25日以来、イラク・クルディスタンを取り巻く苦境を考えれば、「タラバーニのような柔軟性と人脈が今ここにあれば」と思う気持ちもわからないでもない。イラク中央政府や周辺国はもちろん、アメリカや国連すらも反対した住民投票は、投票率72%強、独立への賛成票が93%弱という、圧倒的に「独立」への賛意を表す結果となった。

クルディスタンの空港への国際便乗り入れ禁止に始まり、クルディスタンへの包囲網は厳しくなる一方だが、投票に沸き立つクルド住民の姿を見れば、クルドの指導者たちも簡単には譲歩できない。住民投票に反対していたPUKの影響力がもう少し大きければ状況は違っていたかも、とも思えてくる。

だが、イラク・クルドの歴史を振り返れば、タラバーニとバルザーニという二大巨頭体制自体がクルディスタンの不幸な政治展開の背景にあったともいえよう。

タラバーニとバルザーニは両者ともに、40年代後半から活動を蠢動させていたKDPにその出発点を置く。KDPは、イラクが共和政となった1958年に、現クルディスタン自治政府大統領のマスウード・バルザーニの父でクルド独立運動の英雄、ムッラー・ムスタファ・バルザーニを党首として、正式に党活動を開始した。ムッラー・ムスタファは、第二次世界大戦直後にイランで成立した初めてのクルド人の国、マハーバード共和国を支えたカリスマ的存在で、1947年にマハーバード共和国が崩壊した後は、ソ連に亡命していたのである。

だが、ムッラー・ムスタファがイラクへの帰国を許されるまでのイラクのクルド民族運動は、KDPの左派活動家たちによって支えられてきた。50年代、KDPの事務局長を務めたのはイブラヒーム・アフマドという法律家だったが、その娘と結婚して義父の右腕になったのが、ジャラール・タラバーニであった。

ムッラー・ムスタファはバルザーニ一族を率いる封建的指導者で、その部族的カリスマ性でKDPを引っ張っていったが、反対にイブラヒーム・アフマドとタラバーニに代表される左派系のKDP政治局メンバーは、都市知識人の支持を集め、バルザーニの前近代性、封建性には反感を抱いていた。後者は1975年にKDPから分派してPUKを設立したが、対立の種はKDP設立時からすでに埋められていたのである。

プロフィール

酒井啓子

千葉大学法政経学部教授。専門はイラク政治史、現代中東政治。1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。アジア経済研究所、東京外国語大学を経て、現職。著書に『イラクとアメリカ』『イラク戦争と占領』『<中東>の考え方』『中東政治学』『中東から世界が見える』など。最新刊は『移ろう中東、変わる日本 2012-2015』。
コラムアーカイブ(~2016年5月)はこちら

ニュース速報

ビジネス

中国、11月輸出は予想外の減少 輸入は4月以来の増

ワールド

北朝鮮国連大使が米国を批判、非核化は「交渉から外れ

ワールド

北朝鮮、東倉里で「非常に重要な」実験成功 エンジン

ワールド

「指導者の裏切り許さない」、環境活動家グレタさんが

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 7

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!