コラム

超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

2019年04月05日(金)10時05分
超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
A powerful way to unleash your natural creativity
https://www.ted.com/talks/tim_harford_a_powerful_way_to_...

登壇者:ティム・ハーフォード

相次いで成果を出している人の秘密はなんだろうか。このTEDトークでは、経済学者のティム・ハーフォード氏が有名な科学者や振付師、作家などの調査結果や、作品というアウトプットを分析することで、彼らのクリエイティビティの秘密を明らかにしている。

こういった成果物を多く生み出す人々は、1つのトピックに集中するのではなく、複数のテーマを同時に持ち、その中で頻繁にフォーカスをシフトしているのだとハーフォード氏は言う。そうすることによって頭脳を刺激し、行き詰まったときでも気分転換ができるため、結果としてこれが彼らの創造性に繋がっているというのだ。

「マルチタスクはよくない」と世間ではよく言われる。確かに、例えば運転しながらSNSでメッセージを送るのはよくないことであるが、スローモーションでマルチタスクをするのは実はよい習慣であるそうだ。

複数のことに興味を持ち、自分は手を広げ過ぎていると心配になっているような人にとっては、このTEDトークは安心できるものであるし、逆に刺激が足りないと感じている人には、新しいものへの挑戦を後押ししてくれる。彼のトークは多くの人が学びを得られる内容だ。

キーフレーズ解説

wrestle with
~と格闘する
(動画5:07より)

wrestleは動詞として、レスリングなどで闘うという意味を持っています。withを付けると、困難や問題などと戦う、また格闘することを示します。そのため、「考慮する」よりも強い意味となり、何をすればいいかを決めにくく、頭の中で討論している、あるいは何かの難題を解決することに苦労している状態を示す際の言い方です。

このTEDトークでハーフォード氏は、アルキメデスがwrestling with a difficult problemをしていたというように、この表現を使っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The employee wrestled with whether to accept the transfer to an overseas office.
(従業員は海外拠点への異動を受けるかどうかについて葛藤しました)

●Even though it was legalized in his country, the doctor wrestled with the ethics of euthanasia.
(自分の国では合法化されたものの、その医師は安楽死の倫理に葛藤した)

●Whether or not to buy a car is a decision that many people wrestle with.
(自動車を買うかどうかというのは、多くの人が悩む決断です)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 8

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 9

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 10

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!