コラム

トランプ演説原稿「破り捨て」は、再選阻止を誓うペロシの宣戦布告

2020年02月06日(木)15時45分
トランプ演説原稿「破り捨て」は、再選阻止を誓うペロシの宣戦布告

トランプは弾劾疑惑を、ペロシは教書演説を「シュレッダー」した!? Jonathan Ernst-REUTERS

<パフォーマンスの背景には、トランプ弾劾が終了するなかで、11月の本選に向けて民主党全党に結束をうながす狙いが>

今週4日、恒例となっている大統領の年頭一般教書演説ですが、今年の演説は一つのシーンによって歴史に残りそうです。と言うのも、演説終了と同時に議場を仕切っていたナンシー・ペロシ下院議長が、大統領の演説原稿を破り捨てるという「動画映え」する行為に出たからです。

翌朝の各局のテレビニュースは繰り返しこのシーンを放映していましたし、それ以前に、この「演説原稿破り捨て」の映像はSNSで一気に拡散されました。

もちろん、大変に異例な行為ですが、伏線はいくつかありました。まず、ペロシ議長が率いる連邦下院は、トランプ大統領に対する弾劾決議を可決しています。実際は、この演説の翌日に上院が訴追を否決、弾劾は成立しませんでした。そして演説のタイミングでは、そのことは確定的であったのも事実です。

ですが、あくまで連邦下院として「職務から除去すべき」という憲法上の決定を行った、その大統領が行う演説については「全否定」をして当然という考え方があったとしても、その下院の議長としての筋は通っています。

ペロシの差し出した握手を無視

一方で、常にこのペロシ議長を突き上げ続けて、最終的には「渋々ながら弾劾プロセスの開始に追い込んだ」グループの代表格である、AOCことアレクサンドリア・オカシオコルテス議員(下院民主、NY14区、当選1回)は、この大統領の一般教書演説をボイコットしています。

AOCの「ボイコット」というのは激しい手段ですが、これに対して議長として下院民主党議員団のなかで同じような「重み」を表現するために「原稿破り捨て」という行動に至ったということはあると思います。

直接的には、演説の冒頭で大統領が予め用意されていた原稿を、ペロシ議長に渡した際に、ペロシ議長が握手のために手を差し出したのに、大統領が無視したというのが「現場での伏線」となったようです。直後に議長は、議事進行のセリフとして大統領を紹介する際に、慣例となっていた敬語表現を完全にカットしていましたが、その辺りで覚悟を決めていたのかもしれません。

更に、演説の途中で議長は、何度も何度も演説原稿を1枚1枚持ち上げてチェックしていますが、これも「破り捨て」の伏線と言えなくもありません。また、途中で民主党議員団から、連邦議会では珍しい「ヤジ」が飛んだ際には厳しく睨みつけて手で制止していました。これも、最後の「破り捨て」を念頭にした演出だった可能性があります。

最大の理由はその内容です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

トランプ大統領、公の場で初のマスク姿 軍の病院訪問

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!