Picture Power

【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由

CONCEALED: LGBT GUN OWNERS

Photographs by BLAKE LITTLE

2019年04月16日(火)18時20分
【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由

【Lynn, Brett, Joe】<銃規制にはいろいろな選択肢があるが、私たちはこう理解している「警察は常に全ての場所にはいない」>(キャプションは本文後に続く)

<銃を持つことで平等を感じたいLGBTと、そうせざるを得なかった彼らの脆弱さ>

銃を持つことで平等を感じたい――。LGBT(性的少数者)による銃クラブ「ピンク・ピストルズ」に所属するある会員の言葉だ。クラブの理念は、「自分の銃口で黙らせろ」。

ピンク・ピストルズだけではない。16年6月、フロリダ州オーランドのLGBTが集まるナイトクラブで銃乱射事件が起きて以降、同じような銃クラブが誕生した。トリガー・ウォーニング・クイアー&トランズ・ガン・クラブもその1つ。

「私たちのような『奇妙な』存在は自衛できない弱者と見なされている」と、クラブ創設者のジェイク・アレンは言う。「白人至上主義者やネオナチのような(LGBTを嫌悪する)奴らに知ってもらいたい。私たちは自衛のために一歩踏み出したと」

写真家ブレイク・リトルは、伝統的にリベラルで非暴力を訴えるLGBTによる銃クラブに興味を引かれた1人だ。リトルは言う。

「撮影の際には、偏見を持たず、一方的な判断を迫る写真にならないように心掛けた。私が表現したかったのは、銃を所有することで現れる力と共に、そうした武器を手にせざるを得なかった彼らの脆弱性や恐怖心の両面だ」


<冒頭写真のキャプション>
(リン、左)テキサス育ちなので銃はどこにでもあって、まさに人生そのものという存在だった。大人になってからは常に拳銃を持ち歩いていた。どんな銃器でも保身になるが何より安全管理が重要だ。アウトドアに出掛けたときにピンク・ピストルズの存在を知り、ラスベガス支部を復活させる形でこのクラブに関わるようになった。銃を隠していればOKとする「隠し銃携行許可法」を推進している。自分自身はLGBTであることによって暴力的な被害を受けたことはない。悲しいことだが、オーランドの事件はクラブの理念を強固にした。銃規制についてはいろいろな選択肢があると思うが、私たちの理解は「警察が常に全ての場所にいるわけではない」ということだ。


pplgbt01.jpg

【Charlotte】
私の人生において銃は常に身近にあった。父は多くの種類の銃を持っていて、それらの武器に尊厳を持って接するよう教えられた。最初に銃を撃ったのは6つか7つの頃。16歳の時に最初のショットガンを与えられ、ごみ処理場でよくクレー射撃をした。18歳で初めて自分で銃を買い、不審者が家にやって来たときにそれで威嚇したこともある。トランスジェンダーであるゆえ職場や教会で差別を受けたこともあったが、言葉で罵られただけだった。オーランドのナイトクラブでの銃乱射事件にはひどく心を痛めつけられた。銃のない世界は、逆説的だが、無法地帯のことだと悟った。クラブの店主が銃所持を認められていれば犠牲者はかなり少なかったはずだ。


pplgbt02.jpg

【Kail】
射撃場に初めて行ったのは16年。それまでは激しい銃規制論者だったが、射撃場で銃を撃ったとき、解放感に満たされた。銃を持つことで安心感を得た。持ち歩くかは別にして、所有しているだけで守られている気がした。あまりに自信が付いたので、加害者になるリスクもあると思ったほどだ。ゲイであることで被害を受けたことはある。セルビアでゲイパレードに参加したときには警察官が大勢いたにもかかわらず100人以上が負傷する事件が起きた。銃所持を認める合衆国憲法修正第2条はもともと圧政から身を守るためのものだったが、今はそれ以上の意味がある。多くの人がさまざまな権利のために戦っているなかで、私もこれ以上権利を失いたくない。


pplgbt03.jpg


【Dave】
生まれ育った小さな田舎町では、銃を持つことや狩りが普通のことだった。父や祖父からは銃器に対して尊厳を持って接するよう教えられた。初めて散弾銃を撃ったのは5歳の時だった。LGBTであることが理由で暴力的な被害を受けたことはないが、HIV感染が流行したときには激しい差別を受けた。この世に絶対的な権利なんてあるのだろうか。憲法修正第2条についても同じ思いを持っている。建国の父たちが勝ち取った権利なので廃止されるべきではないと考えているが、それだって絶対的な存在ではない。危険な人物が銃器を所有しないようにする方法を探る議論の余地はあると思うが、今は撤廃論と擁護論ともに極論が横行していて、およそ民主的でない。

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!