コラム

話題の「YA論文」が見落とすトランプ外交のお粗末さ

2020年07月30日(木)18時00分
話題の「YA論文」が見落とすトランプ外交のお粗末さ

安倍さんの「トランプ対策」はそれなりに評価できるが…… Kimimasa Mayama-REUTERS

<同盟国を突き放し、国際協調から手を引くトランプは、日本にとっても全然「お得」じゃない大統領>

ずっと気になっているが、「日本の首相は共和党大統領と仲良い」や「民主党政権より共和党政権がやりやすい」といった主張はよく聞くのに、その反対はあまり聞かない。そんな中、最近じわじわと話題になっている「YA論文」がさらに気になる。日本の「政府関係者」がアメリカの保守系サイトに寄稿したものだが、その主張は分かりやすい。バラク・オバマ時代のような融和策に戻るより、中国に敵対的なナルド・トランプ大統領の続投を願うべきだ!というもの。「民主党より共和党!」という使い古された口癖(?)にも聞こえる。だが今回は特に異議あり。

やはり日本の「政府無関係者」の僕は黙っていられない! YA論文へ「PA-kkun反論文」を発表させてください。

でも、その前にまずは総論から。

確かに、首相と共和党大統領との楽しそうなスナップショットはたくさんある。一緒にお茶をする「ロン&ヤス」、一緒にエルビス・プレスリーを懐かしむ「ジョージ&ジュンイチロー」、一緒にゴルフを満喫する「ドナルド&シンゾー」は実に仲睦まじそうだ。(晩さん会で大統領が首相の膝の上に嘔吐した「ジョージシニア&キイチ」のワンシーンは忘れておこうね)。

もちろん、日米の首脳同士の友好関係は望ましいことだ。でも、上記の例はたまたま趣味が合っただけかもしれない。安倍さんがバスケットボール好きだったらオバマともっと仲良くでき、森喜朗さんがビル・クリントンをキャバクラに連れて行けば大盛り上がりだっただろうね。

日本経済を「失わせた」のは誰だ?

それより、首脳同士ではなく、国同士の友好関係を重視するべきではないかと思う。中国牽制と同盟関係の強化を狙い、日米をツートップにTPP(環太平洋経済連携協定)を結んだのはオバマ。尖閣諸島が日米安保条約の対象内と宣言し、日米関係を強化したのもオバマ。気候変動に関する国際的枠組みの京都議定書を結んだのはクリントン。北朝鮮の核開発凍結を含む米朝枠組み合意を遂げたのもクリントン。民主党大統領は日本のメンツを立て、日米関係を強化する功績を残しているのだ。

いや、残っていない。共和党大統領が取り壊しているから。ブッシュジュニアは京都議定書からアメリカを離脱させた。そして、米朝枠組み合意を履行せず、北朝鮮を「悪の枢軸」とののしって核兵器開発の再開を誘った。トランプはTPPから離脱し、米軍駐留費の全額負担を求めながら、「米軍撤退!」と、威嚇した。共和党大統領が日本のメンツをつぶし、日米関係を揺るがしているのだ。

少し単純かもしれないが、そういう見方もできるはず。

ちなみに、クリントン時代の貿易交渉はきつかったイメージがあるが、「貿易摩擦」は共和党のロナルド・レーガン、パパ・ブッシュの時代から続いたものだし、クリントンの最初の要求が厳しかったわりには、最終的に自動車部品関係などの小規模な譲歩で交渉が成立した。それより日本経済に悪影響を与えたのはレーガン時代のプラザ合意やパパ・ブッシュ時代の日米半導体協定。これらがバブル景気、バブル崩壊、長い不景気につながったといわれる。日本の「失われた20年」。失わせたのは共和党大統領。

多少乱暴かもしれないが、そんな考え方もあるのでは?

<関連記事:大統領選で負けても続投する? トランプが「予言」する最悪のシナリオ

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

アングル:乾燥化進むブラジル、「貯水の森」再生目指

ビジネス

アングル:ワクチンパスポートは航空業界の「救世主」

ビジネス

焦点:投資家がアジア国債保有見直し、相対的に安全な

ワールド

アストラ製ワクチン、英独で対応分かれる 接種進展の

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 8

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中