コラム

ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」

2019年01月24日(木)18時40分
ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」

愛人報道で大統領選から消えたゲイリー・ハート(画像は86年にエジプトを訪問した際に撮影) Khaled Abdullah Ali Al Mahdi-REUTERS  

<政治家の不倫が無視してもらえなくなった転換点は、88年米大統領選の最有力候補だった男のスキャンダルだった>

アメリカで超有名でも、日本ではあまり知られていない政治家の不倫騒動は何か、分かる? 答えられなくても当然だ。むしろ、「知られていない」と本人が言っているから、答えられたら困る。正解は、「最も優秀な幻の大統領」と呼ばれるゲーリー・ハートの不倫騒動。

その歴史的な逸話を軽く紹介しよう。

時は1987年。アメリカのコロラド州に若くて、格好良くて、世界を変えようとしている男がいた。それが......この僕だ。僕は高校生で、間もなく参政権が手に入る歳だった。政治に目覚めたそんなとき目に入ったのは、ちょうど同じコロラドにいた、ちょうど同じぐらい格好いい男。大統領選予備選の民主党候補、ゲーリー・ハートだ。

戦後の歴史の中で、同じ政党が3回連続、米大統領選に勝ったことはなかった。ロナルド・レーガンの時代、共和党が8年間ずっと大統領の座にあったから、88年の大統領選挙では民主党候補がほぼ100%で勝つと思われていた。そのときのフロント・ランナー(最有力候補)だったゲーリー・ハートは注目の的だった。

大統領候補というと、だいたい味気ないおじいさんばかり。84年の民主党候補、ウォルター・モンデールもそうだった。88年の共和党候補、ジョージ・ブッシュもそうだ。でも、ハートは違う。パッションがある。演説がうまい。人を引き付けるカリスマ性がある。そんな彼に、僕も含めて周りの若者はみんな、まさにハートを射貫かれた。

当時、僕はハートの政策にも感心していたが、それがどんなにすごいものだったのかは分からなかった。今だから分かるのは、ハートにはすごい先見の明があったということ。彼はスティーブ・ジョブズがまだ車庫で物いじりしているときに会いに行き、その後、全国の教室にパソコンを設置するように呼び掛けた。誰よりも先にインフォメーション・エコノミー(情報経済)の到来やソ連の崩壊を予測した。そして政界から退いた後でも、9・11テロ攻撃の半年以上前に、テロリストが飛行機を使ってアメリカを攻撃する危険性を指摘した。

ハートはなんでも先を読んでいた! でも、自分の墜落は見えなかったのだろう。

数年前からハートの女性問題に関しては、いろいろとうわさがあった。でも、うわさぐらいなら大物政治家にとっては大したダメージにならないはず。というのも、過去にも数々のうわさが飛び交う中で大統領になり、大統領の仕事を全うした人は山ほどいたから。

トマス・ジェファソンは奴隷の女性との間に隠し子がいた。ウォーレン・ハーディング、グローバー・クリーブランド、フランクリン・ルーズベルトなどなどには女性の愛人がいた。アンドルー・ジャクソンには男性の愛人がいた。ジョン・F・ケネディはあのマリリン・モンロー以外にも、フランク・シナトラから紹介された複数の女性と不適切な関係を持ちまくっていた。でも大したことない! 次のリンドン・ジョンソン大統領は「ケネディががんばって落とした人数より、俺がたまたま落とした女が多いぞ」と自慢していたという。大統領というのはとにかくお盛ん!

こんなうわさ、ツイッターがない時代から常に呟かれていたのだ。でもそれにメディアが目をつぶる「紳士協定」が200年も続いていた。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!