コラム

ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」

2019年01月24日(木)18時40分
ゲーリー・ハートで考える「政治家の不倫はOK?」

愛人報道で大統領選から消えたゲイリー・ハート(画像は86年にエジプトを訪問した際に撮影) Khaled Abdullah Ali Al Mahdi-REUTERS  

<政治家の不倫が無視してもらえなくなった転換点は、88年米大統領選の最有力候補だった男のスキャンダルだった>

アメリカで超有名でも、日本ではあまり知られていない政治家の不倫騒動は何か、分かる? 答えられなくても当然だ。むしろ、「知られていない」と本人が言っているから、答えられたら困る。正解は、「最も優秀な幻の大統領」と呼ばれるゲーリー・ハートの不倫騒動。

その歴史的な逸話を軽く紹介しよう。

時は1987年。アメリカのコロラド州に若くて、格好良くて、世界を変えようとしている男がいた。それが......この僕だ。僕は高校生で、間もなく参政権が手に入る歳だった。政治に目覚めたそんなとき目に入ったのは、ちょうど同じコロラドにいた、ちょうど同じぐらい格好いい男。大統領選予備選の民主党候補、ゲーリー・ハートだ。

戦後の歴史の中で、同じ政党が3回連続、米大統領選に勝ったことはなかった。ロナルド・レーガンの時代、共和党が8年間ずっと大統領の座にあったから、88年の大統領選挙では民主党候補がほぼ100%で勝つと思われていた。そのときのフロント・ランナー(最有力候補)だったゲーリー・ハートは注目の的だった。

大統領候補というと、だいたい味気ないおじいさんばかり。84年の民主党候補、ウォルター・モンデールもそうだった。88年の共和党候補、ジョージ・ブッシュもそうだ。でも、ハートは違う。パッションがある。演説がうまい。人を引き付けるカリスマ性がある。そんな彼に、僕も含めて周りの若者はみんな、まさにハートを射貫かれた。

当時、僕はハートの政策にも感心していたが、それがどんなにすごいものだったのかは分からなかった。今だから分かるのは、ハートにはすごい先見の明があったということ。彼はスティーブ・ジョブズがまだ車庫で物いじりしているときに会いに行き、その後、全国の教室にパソコンを設置するように呼び掛けた。誰よりも先にインフォメーション・エコノミー(情報経済)の到来やソ連の崩壊を予測した。そして政界から退いた後でも、9・11テロ攻撃の半年以上前に、テロリストが飛行機を使ってアメリカを攻撃する危険性を指摘した。

ハートはなんでも先を読んでいた! でも、自分の墜落は見えなかったのだろう。

数年前からハートの女性問題に関しては、いろいろとうわさがあった。でも、うわさぐらいなら大物政治家にとっては大したダメージにならないはず。というのも、過去にも数々のうわさが飛び交う中で大統領になり、大統領の仕事を全うした人は山ほどいたから。

トマス・ジェファソンは奴隷の女性との間に隠し子がいた。ウォーレン・ハーディング、グローバー・クリーブランド、フランクリン・ルーズベルトなどなどには女性の愛人がいた。アンドルー・ジャクソンには男性の愛人がいた。ジョン・F・ケネディはあのマリリン・モンロー以外にも、フランク・シナトラから紹介された複数の女性と不適切な関係を持ちまくっていた。でも大したことない! 次のリンドン・ジョンソン大統領は「ケネディががんばって落とした人数より、俺がたまたま落とした女が多いぞ」と自慢していたという。大統領というのはとにかくお盛ん!

こんなうわさ、ツイッターがない時代から常に呟かれていたのだ。でもそれにメディアが目をつぶる「紳士協定」が200年も続いていた。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 4

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 7

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 8

    文在寅、リベラルなのに「記者たたき」に冷淡な大統領

  • 9

    あの男が狙う「イラン戦争」──イラク戦争の黒幕ボル…

  • 10

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!