コラム

【大江千里コラム】ハッピーホリデーにエリック3兄弟がやって来る

2019年12月24日(火)17時00分
【大江千里コラム】ハッピーホリデーにエリック3兄弟がやって来る

自宅に飾られたクリスマスツリー COURTESY SENRI OE

<ニューヨーク在住のジャズピアニスト・大江千里氏によるエッセイコラム。第2回となる今回は、楽しくてちょっと忙しいニューヨーカーのクリスマスをお届けします>

11月末の感謝祭が終わると、人の歩くスピードががぜん速くなる。気後れしてふと立ち止まると頭上には夏前と変わらぬ空の青さ。時は矢のごとく、いつの間にか「ハッピーホリデー」を交わし合う季節になった。

この時期のニューヨーカーはギフトを買うのに忙しい。歩く速度を一向に緩めず、どんな隙間さえも擦り抜けて先を急ぐ。ロックフェラーセンター前にはスケートリンクが現れ、メールボックスにはグリーティングカードが次々届く。バーのカウンターでは、初めて会った者同士が「今年の冬は短いんだってね」と根拠のないおしゃべりに花を咲かせる。

西海岸でコンサートを終え10日ぶりにブルックリンに戻ると、去年ツリーを買った公園にテントが建ち始めているのが目に留まった。今年もクリスマスがやって来る。「組み立て方、分かんないんだけど配達の人やってくれるかな」「安心して! 責任持って組み立てるわ」

昨年の今頃、そんな言葉に安心して購入し、いざ届けられると「俺じゃできない」といかにもバイトらしき配達夫はつれない返事。仕方なくうちの大家に連絡すると、わが家のハンディーマン(なんでも屋)、エリック3兄弟がやって来た。

モミの木の根っこをネジで留め、みるみるうちにクリスマスツリーが出来上がる。作業のほとんどを担当するのは末っ子のエリックだ。兄貴たちはその間、何をやっているかって? 大音量でサルサを聞きながら楽しそうにスペイン語でおしゃべり。

なぜ3人も必要なのかが分からないが、決まってこのメンツでやって来る。「助かった。ありがとう」と僕の言葉に背中を押されて帰っていく3兄弟の足取りが少しだけ重い。あ、チップだ。この時期は特に大事。

「ちょっと待って!」。大声で引き止めてそれぞれに20ドルずつ渡すと、胸に手を当て感謝の念を表して丁寧にお札をポケットにしまう3人。

働いたのは末っ子だけだけど、そこはハッピーホリデーなのだ。それに兄弟のその姿を年末に見ると、心のツリーにイルミネーションが灯る。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『ブルックリンでジャズを耕す――52 歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!